DREAM LIFE~夢の生活に向かって~
イタリアから来た車と日々気になることを書き留めた趣味と気まぐれのBLOGです。

↓MyCarです 乗れなくなったら床の間へ!! ×

LOHAS20

Author:LOHAS20
Myブログへようこそ!
家業の一部は姉妹サイト「もうすぐ、いけどき、お茶にするばい【2nd season】」で更新中!


Twitter ×

最近の記事 ×

月にこれだけ書いてます ×

分類するの苦労しました ×

最近のご意見(^^; ×

参照ありがとうございます ×

メール遠慮なくどうぞ~(^^; ×

名前:
メール:
件名:
本文:


Powered By FC2 ×

無料blog ホームページ FC2PIYO  サーバー・ホスティング アフィリエイト・SEO対策 カウンター


御来訪ありがとうございます ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一難去って、また一難
【2014/06/16 08:56】 Maserati&外国車
前回の下回り整備から、弟の所へ出していたアンダーカバーを止める部分のアルミステー(ラジエーター導風の役割あり)にチンスポイラー風に成形して溶接してもらいました。
塗装まで終了していてあとは取り付けるだけです。

ちょっと、チンスポイラー部分が純正(本来はアンダーカバーの先端についていますが私のは折れていて除去済み)よりも大きいので取り付けた時にどうなるか気にはなりますが、出来はいいので作業を進めます。

アンダーカバー他

まずは、インタークーラースリーブを入手したので交換します。
純正は高いのでこれを入手、約1000円でした。

アンダーカバー他

青にしたかったんですが、品切れで赤になりました。
まあ、一度取り付ければ見えないし、、
(と思ったら左側だけエンジンルーム上から少し見えます)

で、前回外していた右側取付です。
38-51なのでちょっとキツイのですがシリコンスプレーをかけて入れました。

アンダーカバー他

次に左側ですが、純正を外した瞬間!

ドバッ!!!!!!!!!!!!!



オイルが出てきて浴びてしまいました。

アンダーカバー他

出て来た量はおよそ200㏄、牛乳瓶1本位でしょうか。

ここで頭にすぐに浮かんだのは、タービンオイルラインの漏れでタービンオーバーホール、もしくは交換で数十万円コースです。
ここにオイルが溜まると言うことはそれしか考えられません。

出て来たオイルを良く見ると、かなり汚れていて劣化した感じを受けます。
オイルはこの10カ月間殆ど新品状態のものが入っていますのでそれがこのまま流れ込んだというわけは無いようです。
ですから以前からあった症状なのでしょう。

また、オイルが汚れているという部分、あとインタークーラーの中をライトで照らして見たらオイルが垂れさがっている感じがあったのでブローバイを疑ったんですが、エアクリーナーに繋がるブローバイホース自体がそんなにオイルで汚れていない事からそれは無いと思いました。

ターボ自体はちゃんと作動していて加速も問題ないレベルだと思いますし、オイル量の変化もありません。
やはり、タービンから少しずつ漏れていって溜まったのではないかと考えられますね。

出ているものはしょうがないので、綺麗に清掃してシリコンパイプをつけました。
一応、この件に関してはエアクリーナーも次回外して確認してみようと思います。

走行にはあまり影響(現在は)は無いのですが、キックダウンの後はこれですか、、、やりますねマセラティ。

さて、気を取り直して再度下回りを見渡すと、パワステポンプに繋がるホースでしょうか。
オイルがついてます。
ここからも漏れているのか、、、まあ駐車場の床には何のシミもありませんのでわずかなレベルかもしれません。
とりあえず拭き取って様子見です。

アンダーカバー他

やっとアンダーカバーの取付です。
チンスポイラー部分はすでに車体に取り付けてあります。

あとはアンダーカバーを取り付けるだけなのですが、以前チンスポイラー部分を切り取ったため、強度が落ちてフニャフニャなんですね。
まあ、取り付けてしまえば気にならないのですが、今回補強しました。

補強バーはこれも弟にアルミで作成して貰いました。
これを、アンダーカバーのエンジンと干渉しない部分にリベット打ちします。

アンダーカバー他

出来上がり!

アンダーカバー他

これだけで無茶苦茶ガッシリとなりました。
アルミの部分を持てば持ち運び楽ちんです。(と言うか通常持ち運びませんよね)

取り付ける時にもフニャフニャしないのでガッチリと取り付けられます。


ただ、、、、

補強版のせいでフロント側のボルトを締められなくなりました。
(ナットを上から手で支えて下からボルトで止めるため)

試行錯誤した結果、今回作成したチンスポイラー部分にナットを溶接することにしました。

ですので、今日は取り付けられないので作業はおしまい。
そのまま車庫に入れました。

あ~、でもタービンは気になりますね。
1年後、また外して確認する必要がありますね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

タービンが気になるとこでしょうか・・・
実は私のクアトロポルテも気になり、現在オーバーホールすべきかどうか確認すべく、エンジン脱着することとしました。特に白煙を吐いているわけではないんですけどね。
ちなみに貴殿と同様、パワステラックからオイルの滲みがありました。ほったらかしにしてたら、重ステになったりする症状が出たのて、交換に踏みきり、長期入院させました。
本当、マセラティは金がかかりますね・・・今回だけで軽自動車が買えます。
【2014/06/16 15:45】 URL | ひろちゃん #- [ 編集]


ひろちゃんさんも同じ現象ですか?
タービンだとオーバーホール必須でしょうね。
最近パーツの入手が厳しくなっていますので色々リビルト業者を探していざという時にお願いできるように準備しています。
(すでにホースは利用しました)

車検でさえ、パーツ無くて1か月以上かかりましたので長期入院は結構かかりそうですね。

>軽自動車
やはりそうですよね。
私もその時のために準備して置きたいと思います。
【2014/06/17 08:48】 URL | LOHAS20 #- [ 編集]


現象としては、フロントからの異音です。多分、エキマニのスタッドボルトが折れていると思われますが、何にせよエンジンを降ろさないとわかりませんし、念のためタービン2基のオーバーホール手配もしています。
なお、スタッドボルトは欠品のようで(本当に?)、町工場で作ってもらうことになるでしょう。
IHIのタービンは壊れないといいますがメンテ次第でしょうし、走行距離が増えればオーバーホールもやむ無しと思ってます。整備士の方もギブリをよく交換したと言ってましたね。
なお、その方はミッションも新品に替えたと言ってましたね。140万円もするそうです・・・
【2014/06/17 12:12】 URL | ひろちゃん #- [ 編集]


入院は福岡の店舗ですか?

最近プライベート整備でエンジン回りを細かく見ますが、各部品が干渉する部分が沢山あって部品の負荷が高いように見えますね。
そのせいか、部品の消耗サイクルが短いのでしょうね。
【2014/06/17 13:49】 URL | LOHAS20 #- [ 編集]


いつもの大野城のショップです。
今回は他にクランクシャフトオイルシールのリヤ側交換と、エアコン高圧側パイプ修理などです。
【2014/06/17 19:04】 URL | ひろちゃん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://640k.blog85.fc2.com/tb.php/548-4f142bd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

懐かしのNHK時計 ×
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

更新したらお知らせします ×

情報の輪(リンク) ×

マッチ売りの少女の気持? ×


ブログ内検索 ×

広告 ×

Speed不動産情報
↓携帯サイトはこちら ただいま長崎県の情報掲載中です いけす居酒屋 雑魚屋
福岡天神店
長崎思案橋店
佐世保下京店
熊本東急イン店


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる




  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。