DREAM LIFE~夢の生活に向かって~
イタリアから来た車と日々気になることを書き留めた趣味と気まぐれのBLOGです。

↓MyCarです 乗れなくなったら床の間へ!! ×

LOHAS20

Author:LOHAS20
Myブログへようこそ!
家業の一部は姉妹サイト「もうすぐ、いけどき、お茶にするばい【2nd season】」で更新中!


Twitter ×

最近の記事 ×

月にこれだけ書いてます ×

分類するの苦労しました ×

最近のご意見(^^; ×

参照ありがとうございます ×

メール遠慮なくどうぞ~(^^; ×

名前:
メール:
件名:
本文:


Powered By FC2 ×

無料blog ホームページ FC2PIYO  サーバー・ホスティング アフィリエイト・SEO対策 カウンター


御来訪ありがとうございます ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アルファロメオ159
【2007/02/02 10:18】 Alfa Romeo&外国車
My156引取りの際に丁度159セレスピードがありましたので試乗させていただきました。
(走行35kmでした(^^;)

オプションが加わっていますが正式名称は「Alfa 159 2.2 JTS Selespeed Progression」です。
オプションはフレッチャ・ドーロⅡの組合せです。

実を言うと正直、雑誌のインプレなどで良い車(優等生?)と言う評価は見ていましたので「アルファ的」な期待はしていませんでした。

まず外観の第一印象は「カッコいい!!」です。

159-1

159-2

159-3


雑誌などで写真を見てはいましたが期待はしていませんでした、が、いい意味で期待は裏切られました。

159-4

159-5


デザインには詳しくはありませんが、今回の159は156と比較するとボディが多少平面的な構成になっています。
ですので明るい色よりダーク系の色が景色が写りこんで良く似合いますね。

この黒は本当にカッコいいです。

ドアを開けて乗り込むと156とはまるで違う世界が飛び込んできます。
ドアを閉めると「タンッ!」と言う音で閉まります。
(いまやMy156は「ガチャン!」ですので)

この瞬間でアルファの本気度がわかります。

内装はオプションのタンシートですがいい雰囲気です。
また作りが格段に良くなっています、各パーツの製作精度&取付精度が上がっていて高級感があります。

159-8

159-7

159-6


さらに上のオプションではランチアやフェラーリにも使われている「ポルトローナ フラウ社」製レザーシートが付きます。

うーん、これはもう156ではなくて以前の166の車格のような気がします。(My156と比較しての話ですよ(^^;)

メルセデスやBMW、アウディの新車には乗ったことがありませんので比較は出来ませんが見た感じでは同価格帯のモデルなら遥かに159の方が良い様な気がします。

さて実際走行する前にまず、
キーをセンターパネルの差込口に入れる(差し込むではなく入れるという感じです)、スターターボタンで始動です。

ちょっとめんどくさいですね。

今回のセレスピードはシフトが変わっています。

159-9


フェラーリのマニュアルシフトのように左上が「バック」になります。
(156は日本車的な右下ですね)
バックの位置を中央位置に戻すとそこが「ニュートラル」です。

さらに右へ引いて前後でシフトアップ&ダウンします。
今回は前後が逆です。
引くとアップ、押すとダウンです。

いやー、なぜ早くこの仕様にしてくれなかったのだろう、、。

戦闘機(飛行機)などの操縦桿はこの仕様です。
昔から飛行機のゲームも好きでこれに慣れているので最初My156では苦労しました。

つい、シフトアップの時、ダウンして回転を上げてました。

マニュアルシフトの他にセレスピードはお決まりの「フルオートマチックモード」があるのですが159にはそんなボタンはありません。

その機能はマニュアルシフト位置からさらに右へ引きます。
156で言う「ニュートラル」の位置です。
そうするとインパネに「D」の表示が付きます。

ちょっと小さくてわかりにくいですが、、、。

また「スポーツモード」もあってそれはシフトゲートの下にボタンがあります、試して無いのでわかりませんが高回転を維持したり出来るのでは無いかと思います。

フェラーリのようにシフトスピードが速くなるならおもしろいんですけどね。

そういえば、低回転(低速で)でシフトアップをしていくと「ピー!」と鳴って注意してくれます。
「この速度ではそのギアじゃないんだよ!へたくそ!」と言ってくれているようです(^^;

前置き長くなりましたが、走行して感じるのは「剛性感」と「静粛性」が高くなっています。

まあ、1570kgもありますのでそのせいもあるのでしょうけど、剛性感は確かに感じます。また、エンジン音が遠くに聞こえます。

まだアタリも付いていない超新品エンジンなのでまだこれからでしょうけど、2000rpm位のトルクが大きくて走りやすいですね。

肝心のエンジン音ですが、、、確かに薄れています。

ただ防音処理でエンジン音が遮断されている所が大きいのではないかと思います。
3000rpmを超えるとちゃんとアルファエンジン音はします。
(ボリューム的には小さいですが、、、。)

159-10


最後にメーターパネルのオドメーターですがもちろんデジタル表示です、ただ数値が変わるときにアナログメーターのように変わるんですね、面白い!!

日本のメーカーならこんなことにこだわらないでしょうね、きっと。

短時間の試乗でしたので細かい分析は出来ませんでしたが、これからの新世代の「アルファロメオ」を背負っていくモデルとして十分すぎるほどの魅力はあると思います。

アルファも万人に向けて間口を広げつつ、ハートには従来の「アルファイズム」を持ち続けていると思っています。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://640k.blog85.fc2.com/tb.php/44-8f1a9143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

懐かしのNHK時計 ×
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

更新したらお知らせします ×

情報の輪(リンク) ×

マッチ売りの少女の気持? ×


ブログ内検索 ×

広告 ×

Speed不動産情報
↓携帯サイトはこちら ただいま長崎県の情報掲載中です いけす居酒屋 雑魚屋
福岡天神店
長崎思案橋店
佐世保下京店
熊本東急イン店


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる




  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。