DREAM LIFE~夢の生活に向かって~
イタリアから来た車と日々気になることを書き留めた趣味と気まぐれのBLOGです。

↓MyCarです 乗れなくなったら床の間へ!! ×

LOHAS20

Author:LOHAS20
Myブログへようこそ!
家業の一部は姉妹サイト「もうすぐ、いけどき、お茶にするばい【2nd season】」で更新中!


Twitter ×

最近の記事 ×

月にこれだけ書いてます ×

分類するの苦労しました ×

最近のご意見(^^; ×

参照ありがとうございます ×

メール遠慮なくどうぞ~(^^; ×

名前:
メール:
件名:
本文:


Powered By FC2 ×

無料blog ホームページ FC2PIYO  サーバー・ホスティング アフィリエイト・SEO対策 カウンター


御来訪ありがとうございます ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハンチング対策2日目
【2007/01/14 23:06】 Alfa Romeo&外国車
昨日のハンチング対策でさらに酷くなってしまったアイドリングですが、1日経ってエンジン再始動してみました。


う~ん。


1000rpmから1500rpm程度を行き来してます。
昨日の2500rpmまでは行ってません。
でもインジェクターの警告ランプは点いてます(昨日も一時は点灯してました)


いろいろ考えた(調べた)末の原因は下記のいずれかではないかと想定しています。

1.エアフローセンサー故障
2.O2センサー故障
3.スロットル故障(モーター部分?)
4.プラスティック製のインテークチャンバー割れでのスロットル以降のエア混入
5.ECUの勘違い(^^;

特に4については思い当たる節が、、、、。
エアクリーナーの上部をパイプごと外していたのですが、それを装着する際、エンジン掛けっぱなしで装着していたんですね。

その時、手がエンジン側のパイプ(エアフローセンサー手前)に吸い付いちゃったんですね。(^^;

その時、回転が上がってしまって下がらなくなったので、とりあえずアクセルを何回かあおっているうちに収まりました。

もしかしたら、、。

その時、スロットルチャンバー部分のどこかに亀裂が入ったか、もしくは接続されているホースからエア混入しているのかもしれません。


ここまで推測した上で、今日はもう一つ原因と思われる箇所を作業終了間際に発見しました!!

ハンチング17


上記写真のスロットルボディの横のモーター部分(?)からキーをオンにした状態(エンジン掛けないで)で「ジー」と音がします。

一定の間隔ではなくて、上下があります。

これが今回発生したのか、今まであって気づかなかったのかは定かではありません。

上記すべてあくまでも推測でしかありませんので、やはり明日ディーラーへ持って行ってみてからですね。

あー、¥かかるよな、、、、。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://640k.blog85.fc2.com/tb.php/28-7f6ee1ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

懐かしのNHK時計 ×
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

更新したらお知らせします ×

情報の輪(リンク) ×

マッチ売りの少女の気持? ×


ブログ内検索 ×

広告 ×

Speed不動産情報
↓携帯サイトはこちら ただいま長崎県の情報掲載中です いけす居酒屋 雑魚屋
福岡天神店
長崎思案橋店
佐世保下京店
熊本東急イン店


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる




  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。