DREAM LIFE~夢の生活に向かって~
イタリアから来た車と日々気になることを書き留めた趣味と気まぐれのBLOGです。

↓MyCarです 乗れなくなったら床の間へ!! ×

LOHAS20

Author:LOHAS20
Myブログへようこそ!
家業の一部は姉妹サイト「もうすぐ、いけどき、お茶にするばい【2nd season】」で更新中!


Twitter ×

最近の記事 ×

月にこれだけ書いてます ×

分類するの苦労しました ×

最近のご意見(^^; ×

参照ありがとうございます ×

メール遠慮なくどうぞ~(^^; ×

名前:
メール:
件名:
本文:


Powered By FC2 ×

無料blog ホームページ FC2PIYO  サーバー・ホスティング アフィリエイト・SEO対策 カウンター


御来訪ありがとうございます ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハンチング対策のつもりが、、、。
【2007/01/13 23:36】 Alfa Romeo&外国車
去年タイミングベルトを交換してからアイドリングが不安定になりつつありました。

800rpmから1200rpm程度を行ったりきたり、振動も「ブルブル」きます。

まあ、走行に支障をきたさないので気にしないようにしてはいたのですが最近多少大きくなりつつあるように感じるようになったので、同様の現象で悩んでいる方のHPを参考にスロットル洗浄を行うこととしました。

で、準備したパーツ他は下記の通り。


1.ホースバンド(ネジ式)×2個
ハンチング11

上のバンドが純正のもの、下のリングが今回用意したもの。

純正のリングはカシメるタイプの物なので突起部分が無いので狭いスペースでは有利ですが、再利用にはかなり苦労しそうなのと再締め付けが不可能ですのでネジ式に変更です。(250円程度)

2.キャブクリーナー
ハンチング9

カーボン除去になると思うのでホームセンターで上記製品を選択しました、というかこれしかありませんでした。

この選択が、、、、。




今回、エアーフィルターも清掃しました。

前回交換から2年半経過していますので本来交換なのですが、結構高価ですので、掃除機でごみを吸い取る程度のメンテナンスを同時に行いました。

まず、エアーフィルターからスロットル手前までのパイプを外します。

ハンチング1

ハンチング2

ハンチング3


上記はエアフローセンサーまでを外したところです。

注意点はエアーフィルターの上部カバーを3本のボルトを外して開けるのですが、長めのマイナスドライバーかロングアタッチメント+ユニバーサルジョイントをつけたソケットレンチが必要です。

私は両方組み合わせて外しました。

いや~、以前から中心となる工具は良い物をと思い、そろえてましたがやっぱり、良い工具は役に立ちます。

ソケットレンチセットは「スナップオン」

ドライバーは「PB」

ヘックスビットは「コーケン」です。


いままで、車の(軽)整備は各種やってきましたが、上記工具買う前は普通の車載工具やホームセンター安売工具を使用していつも角なめたり、工具が壊れたりしていましたが、現在皆無です、というか手になじみます。

日本の工具メーカーも「KTC」「TONE」など良いメーカーが多くなってきました。

話それちゃいましたが、次にスロットル手前までのホースを外します。

このパイプはスロットル手前のパイプバンドとパイプ下の金具に固定されています。
ハンチング6

パイプ下のゴム部分が金具に差し込まれているだけですので、正面から見てドライバーで左側にこじって外します。

これでスロットルが見えてきます。
ハンチング5


↓このように汚れています。
ハンチング4


うーん、でも想像していたよりは汚れていないなと言うのが正直な感想です。

でもせっかく外したので洗浄開始です。

キャブクリーナーをスロットルへスプレー開始!!

直線で飛んでいきますので狙ったところへ噴射することが可能ですね。
ただ、スロットルの上の方にかけにくいので、逆さまでも噴射できればなおいいですね。

スプレー
 ↓
ウエス拭き取り
 ↓
スプレー
 ↓
ウエス拭き取り
 ↓
エンジンをかけてクリーナー排出
 ↓
スプレー
 ↓
ウエス拭き取り
 ↓
スプレー
 ↓
ウエス拭き取り
 ・
 ・
 ・
 ・

繰り返すこと何回だろう、、、。

で、こうなりました。

ハンチング14

ハンチング13

ハンチング12

我ながらピカピカに磨けて満足です。

スロットルバルブは手で上げて裏面及び奥は届く範囲で拭き取っています。
セレスピードはドライブ・バイ・ワイヤなのでワイヤーでスロットルは開かないんですね。
ですので手で押し上げて裏面清掃です。

最初見かけはそんなに汚れてはいないかな、と思ってましたが、結局ここまで汚れてました。

ハンチング15


さ~て、清掃完了ですので組み立てます。

今回フィルターの上部を外してフィルターも取り出して掃除機でごみを吸い取りました。
その時外したのが下のパイプです。

ハンチング16


円形のフィルターなのでその真ん中に写真の真ん中に見えるファンネル状のインテークが入ります。

おそらく、これは低速トルク確保のためでしょうね。
TSのエンジンは高回転を好むような特性に仕上げてあるようですのでこういうところで低速トルクを稼ぐ努力をしているようですね。

また、このフィルターの先がまたさらに長くなっており、
ハンチング8

ハンチング7

この長さもトルクを稼ぐ手法の一つでしょうね。

ソレックスやウェーバーなどのキャブレターのファンネルの長さも長いものが低速トルク型、短いものが高回転型となるようです。

ハンチング10


さて、すべて組み付けて始動です。
バッテリー繋げてキーを捻ると、、。
 ・
 ・
 ・
 ・
アイドリングが
 ・
 ・
 ・
2000rpm
 ・
 ・
2500rpm
 ・
 ・
3000rpm 
 ・
 ・
2500rpm
 ・
 ・
2000rpm










(-_-;)
さらにひどくなってる!


最終的には2500rpmから2000rpmを行ったりきたり、、、。

呆然としつつも、、、、たぶん、、、。

カーボンが取れたので通路が大きくなって一時的にアイドリングが上げってコンピュータ君が戸惑っているにちがいない!!!

と思いつつ、、、バッテリーマイナス端子を外して待つこと1時間。


よーし、もう頭空っぽになって一から学習できるやろ。

再始動、、、、、。



変わらず、、。
orz orz orz


アレーゼへTEL
<中略>
整備:クリーナーどこかけました?
MY:本体直接です、、。

整備:もしかしたら、スロットル壊れているかも、、。
MY:、、、、、、持って行きます。

話の中で以前にもスロットル洗浄した方がいてやはりアイドリングが上がったそうな、、、。



脳裏をよぎるのは¥のことだけです。
嫁さんの横顔が、、、浮かんでしまった。(;_;)

この続きはまたあとで、、、。




車変わって無いだろうか、、、、、、、、、、、、、。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://640k.blog85.fc2.com/tb.php/27-47ce9efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

懐かしのNHK時計 ×
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

更新したらお知らせします ×

情報の輪(リンク) ×

マッチ売りの少女の気持? ×


ブログ内検索 ×

広告 ×

Speed不動産情報
↓携帯サイトはこちら ただいま長崎県の情報掲載中です いけす居酒屋 雑魚屋
福岡天神店
長崎思案橋店
佐世保下京店
熊本東急イン店


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる




  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。