DREAM LIFE~夢の生活に向かって~
イタリアから来た車と日々気になることを書き留めた趣味と気まぐれのBLOGです。

↓MyCarです 乗れなくなったら床の間へ!! ×

LOHAS20

Author:LOHAS20
Myブログへようこそ!
家業の一部は姉妹サイト「もうすぐ、いけどき、お茶にするばい【2nd season】」で更新中!


Twitter ×

最近の記事 ×

月にこれだけ書いてます ×

分類するの苦労しました ×

最近のご意見(^^; ×

参照ありがとうございます ×

メール遠慮なくどうぞ~(^^; ×

名前:
メール:
件名:
本文:


Powered By FC2 ×

無料blog ホームページ FC2PIYO  サーバー・ホスティング アフィリエイト・SEO対策 カウンター


御来訪ありがとうございます ×

遥々英吉利から
【2014/06/29 20:22】 Maserati&外国車
来ちゃいました。

昼に注文の記事を書いたのですが、その後数時間後にヤマト運輸が配達に来ました。
受け取る時に「着払いです」との事だったので「???」と思ったのですが、「関税です」と言われて一応納得して支払い、受け取り完了です。

関税って自動車パーツにはかからなかったと思っていたのですが、よくよく調べてみると「消費税」(詳しくは消費税+地方消費税)の間違いでした。
これで納得。

で、開梱してみると、、、
海外の業者の割にはしっかりと緩衝材も入れて梱包してありました。

ユーロスペアーズ

注文したのはこの7点です。
箱に入っているのはポテンショメーターです。
高額商品ですからね。^^

あとはマフラー関係のゴム(マフラーの吊り下げゴムはなんと124円です)と年末に破裂したターボ冷却水ホースの反対側(国内4000円以上ですが1750円です)、それとマフラージョイントリング(これ高いけど作り見て納得)とオイルディップスティックです。

なんでオイルディップスティックなんて注文したかと言うと、車検から引き取ってきた際にオイルレベルが低くて、継ぎ足した際に何度もレベル確認していた際に「カクッ」と曲がっちゃったんです。
結構曲がって何だか芯の部分が出てきて心もとなく、折れてしまいそうだったのでこれもついでで注文しました。まあ2000円しなかったし、気分的にスッキリしますしね。

さて、肝心のポテンショメーターですが、裏を見ると、、、

ユーロスペアーズ

やっぱり、、
アクセルの回転軸をそのまま受け止められるようになっているようですね。
これが回ってアクセル開度を検出しているようですね。
分解はしていませんが正にボリュームですね。

このポテンショメーター、コードの部分を見ると既に生産から時間が経っているようで、少し劣化の兆候が見られます。
ですので見栄えは悪くなりますが遮熱テープを巻いて取り付けることとします。

その取付ですが、取付穴が長細くなっています。
これはアクセル開度を適正な位置に調整するためのものです。

こちらのサイトに詳しく載っていました。↓
マセラティ日記

どうしようか、、、
確かに外しずらいし、調整が必要ならディーラーに頼むか、、、
一応、相談してみることにします。

あ、ターボ冷却水ホースもあるしね。
(これDIYではちょっと厳しいかも)

スポンサーサイト
まだかな、まだかな~
【2014/06/29 14:12】 Maserati&外国車
昨日、往復250㎞程度のドライブに行ってきました。

梅雨の合間の晴れでしたが、蒸し暑かったですね。
でも、エアコン結構効きますね。
改めて感じましたが、寒い位です。

キックダウンもまあ度々出ますが、エンジン停止時にアクセルパカパカすると一時的には治るようです。
ですが一定の速度域が怪しいので、やはりポテンションメーターの特定の位置に接触不良が出来ているような感じがします。

もう原因はハッキリしているので既に注文をかけています。
国内純正発注品は高すぎるのでユーロスペアーズに発注です。
為替レートは発注時172円程度でしたが、カード決済時のレートは175円でした。
やはり、高いですね。
130円台が懐かしく、恨めしいです。

折角なので同時に他のパーツも注文しています。

発注してから3週間程度になりますが、状況(ステータス)はAUTHENTICATEDです。
内容は2つのパーツが現在Item Details No Longer Availableになってます。
探しているということでしょうか?

もう少し待って(1ヵ月くらい)発送されていなければ質問してみたいと思います。
カード決済は8月なので先に落とされてしまいそうです。

デジイチデビュー!
【2014/06/25 19:59】 家業
本業で必要になったので、初めてデジイチを購入しました。

Nikon D5300です。

デジイチ

高校生の頃、銀塩カメラ(親類の借り物)で一眼レフはデビューしたのですが、あまりに難しく、満足行く写真は撮れなかったと記憶しています。

それに比べると最近の一眼レフは簡単ですね。
ですが機能が多くて、これから勉強です。



アンダーカバー装着!
【2014/06/22 19:27】 Maserati&外国車
ボルトが締められなかったチンスポ(らしきもの)ですが、ナットを溶接してもらって再度装着です。
その前に塗膜を厚くしようと再度塗装します。

アンダーカバー

で、装着!

アンダーカバー

まあ、サイズ的には若干大きいのですが、何とか違和感は無いようです。
より空気が入って冷えることでしょう。
(試走しましたがあまり変わりませんね)

若干、溶接痕がありますが、強度のためですので仕方ありません。




さて、先日のインタークーラーからのオイルですが、色々と調べたら、同様な現象は結構あるようです。
ある記事ではインタークーラーにオイルが溜まるのは当たり前とも書いてありました。

そのオイルの出どころはやはりブローバイらしいです。
クアトロポルテのオイルが入っていたインタークーラー側のエアクリーナーにはブローバイのホースが繋がれていますし、反対側は繋がれていませんし、オイルの形跡もありませんでした。

そう考えるとそうなのかな?とも考えますが、一概に当てはまると断言はできません。
ですので、暫く様子見ですね。

本日の試走では、全開にしましたが淀みない、気持ち良い強烈な加速でした。


まあ、checkengineは2回点きましたが、、、、



一難去って、また一難
【2014/06/16 08:56】 Maserati&外国車
前回の下回り整備から、弟の所へ出していたアンダーカバーを止める部分のアルミステー(ラジエーター導風の役割あり)にチンスポイラー風に成形して溶接してもらいました。
塗装まで終了していてあとは取り付けるだけです。

ちょっと、チンスポイラー部分が純正(本来はアンダーカバーの先端についていますが私のは折れていて除去済み)よりも大きいので取り付けた時にどうなるか気にはなりますが、出来はいいので作業を進めます。

アンダーカバー他

まずは、インタークーラースリーブを入手したので交換します。
純正は高いのでこれを入手、約1000円でした。

アンダーカバー他

青にしたかったんですが、品切れで赤になりました。
まあ、一度取り付ければ見えないし、、
(と思ったら左側だけエンジンルーム上から少し見えます)

で、前回外していた右側取付です。
38-51なのでちょっとキツイのですがシリコンスプレーをかけて入れました。

アンダーカバー他

次に左側ですが、純正を外した瞬間!

ドバッ!!!!!!!!!!!!!



オイルが出てきて浴びてしまいました。

アンダーカバー他

出て来た量はおよそ200㏄、牛乳瓶1本位でしょうか。

ここで頭にすぐに浮かんだのは、タービンオイルラインの漏れでタービンオーバーホール、もしくは交換で数十万円コースです。
ここにオイルが溜まると言うことはそれしか考えられません。

出て来たオイルを良く見ると、かなり汚れていて劣化した感じを受けます。
オイルはこの10カ月間殆ど新品状態のものが入っていますのでそれがこのまま流れ込んだというわけは無いようです。
ですから以前からあった症状なのでしょう。

また、オイルが汚れているという部分、あとインタークーラーの中をライトで照らして見たらオイルが垂れさがっている感じがあったのでブローバイを疑ったんですが、エアクリーナーに繋がるブローバイホース自体がそんなにオイルで汚れていない事からそれは無いと思いました。

ターボ自体はちゃんと作動していて加速も問題ないレベルだと思いますし、オイル量の変化もありません。
やはり、タービンから少しずつ漏れていって溜まったのではないかと考えられますね。

出ているものはしょうがないので、綺麗に清掃してシリコンパイプをつけました。
一応、この件に関してはエアクリーナーも次回外して確認してみようと思います。

走行にはあまり影響(現在は)は無いのですが、キックダウンの後はこれですか、、、やりますねマセラティ。

さて、気を取り直して再度下回りを見渡すと、パワステポンプに繋がるホースでしょうか。
オイルがついてます。
ここからも漏れているのか、、、まあ駐車場の床には何のシミもありませんのでわずかなレベルかもしれません。
とりあえず拭き取って様子見です。

アンダーカバー他

やっとアンダーカバーの取付です。
チンスポイラー部分はすでに車体に取り付けてあります。

あとはアンダーカバーを取り付けるだけなのですが、以前チンスポイラー部分を切り取ったため、強度が落ちてフニャフニャなんですね。
まあ、取り付けてしまえば気にならないのですが、今回補強しました。

補強バーはこれも弟にアルミで作成して貰いました。
これを、アンダーカバーのエンジンと干渉しない部分にリベット打ちします。

アンダーカバー他

出来上がり!

アンダーカバー他

これだけで無茶苦茶ガッシリとなりました。
アルミの部分を持てば持ち運び楽ちんです。(と言うか通常持ち運びませんよね)

取り付ける時にもフニャフニャしないのでガッチリと取り付けられます。


ただ、、、、

補強版のせいでフロント側のボルトを締められなくなりました。
(ナットを上から手で支えて下からボルトで止めるため)

試行錯誤した結果、今回作成したチンスポイラー部分にナットを溶接することにしました。

ですので、今日は取り付けられないので作業はおしまい。
そのまま車庫に入れました。

あ~、でもタービンは気になりますね。
1年後、また外して確認する必要がありますね。

ちょいと上京
【2014/06/15 19:10】 毎日の出来事
昨日まで東京へ行ってました。
と言っても1泊だけですが、それも仕事で、、、、
まあ、殆ど遊びが多いですが。

2日目フリーでしたので、オープンしたばかりの虎ノ門ヒルズへ行ってみました。

なんてことない、複合ビルですがやはり大きいですね。
こんなのを見ると、頑張らなきゃといつも思います。
いずれはこんな所にオフィス&住居を持ちたいですね。

東京

キャラクターは「トラのもん」らしいです。
ドラえもんの親戚でしょうか?

東京

この後、マセラティの本が欲しかったので、リンドバーグで検索して代官山蔦屋書店へ行きました。

東京

おしゃれな街ですね。
今度は嫁さん連れてこなきゃ。

ここでは洋書の1冊と絵本を買いました。

東京

洋書はビトルボ系の部分だけ抜粋してあり、なかなか情報も濃い感じです。
いかんせん、英語なので時間かかりますが、翻訳しながら読むこととします。
もちろんクアトロポルテの記事もちゃんとあります。

もう一冊はネットでも見ていて内容次第で買おうと持っていました。
サンプル見るとなかなかいい感じです。

子供と一緒に読むのに最適です。
こんな親父になりたいですね。

久しぶりの各種整備
【2014/06/08 19:32】 Maserati&外国車
今週は家業がピークを迎えていて日の出前から作業しています。
午前中で8時間労働です。

ですが、本日は午後から時間が空いたので、下回りの整備をしてみました。
まずはいつものアルミ道板で上げます。

下回り

あ~、早くリフトが欲しいですね。
新品は無理なので中古を探してもらってます。
あとは溶接機ですが、これは弟の所から調達予定です。

さて、以前からどうしようか考えていたアンダーカバーですが、弟の所で溶接してちょっとプチ整形してもらうことにしました。
外してから持参です。
忙しいと思うのでゆっくり1週間位で作成してもらいます。

その他、インタークーラーとの接続パイプに亀裂があるので交換して見ようと思って外しました。

下回り

亀裂があったので外して中を見ると別に問題ありませんでした。
でも、見た目が悪いので交換します。

ただ、純正はユーロスペーアーズでも1個1万円超えですので正規代理店ルートでは幾らするのでしょうか?

ですので以前から目をつけていたシリコンホースにします。
サイズ測定して、近いものを発注完了です。

あと、マフラーハンガーですね。
形状確認すると

下回り

カーショップにある強化品とあんまり変わらないですね。
ここは1個です。
ユーロスペアーズでは結構安いです。

この後、前側下回りを拭き上げて細部を確認します。
オイル漏れはAT及びエアコン共に完全に止まっています。

ただ、整備した方の締め付けトルクが以上に強くて、アンダーカバーの一部を割ってました。
それにバッテリーマイナス端子のネジもかなり固くて少しなめてました。
あとライト上のカバーもネジだったのに、内装用プラスチック留め具に変えられていましたし一部欠品してました。

今度行った時に言っておこう。

細かくチェックしても意外と良い状態なのでは無いかと思います。
タイロットエンドも端に交換日付けらしいものが記入されていましたし、車体側の接続部には遮熱テープがなぜか貼られてました。

リアはマフラーリングの状態を確認するだけのつもりが色々とチェックです。
普段は見えませんがマフラー出口部分の上部が塗装割れてます。

下回り

マフラーも接続部は錆びてますし、耐熱ブラック塗装も剥げてますね。
今度塗装することにします。

フェラーリデフもちょっとオイルで濡れてましたがそう大きくないので大丈夫じゃないかと思います。
一応すべて拭き取って今度再度確認です。

リアメンバーも綺麗に拭いて

下回り

おっ!
フレームにナンバーらしきものが

下回り

なんですかね?

今日はアンダーカバーなし、インタークーラー接続パイプ片方なしの状態で車庫へ戻します。
来週はすべて元に戻る予定です。

最後の運動会
【2014/06/04 13:58】 毎日の出来事
先日の日曜日、息子の保育園最後の運動会でした。

鼓隊の演奏や、園児宣誓の大役も何とかこなして(見てる親がヒヤヒヤですが)大きく成長したことを感じさせてくれる一日となりました。
ちょっと、、、ウルッときちゃいました。

運動会

さて、毎年親も競技に参加しているのですが、年長さんのクラスはリレーが待っています。

子供からバトンを貰って全速力で走るのですがショートトラックと言うか、小さいトラックではなかなか走れませんね。
毎年転ぶ大人が続出ですが、今年は私がバトン渡す時に止まれず転んじゃいました。^^;

来年から小学校ですが、県下では1番か2番のマンモス校なので運動会の場所取りも大変になるでしょうね。



それと、、、、

走るのも距離が長くなるし、、、、

年齢的にもキツイし、、、、

ベタベタ
【2014/06/02 15:44】 Maserati&外国車
エボお決まりのベタベタ内装ですが、前面噴き出し口4か所、エアコン他スイッチ類、パワーウインドウスイッチ各所、リアエアコン噴き出し口&切り替えスイッチに使われています。

クーペフィアットの時にはコンソールの操作パネル部分がこのベトベト塗装でした。
まあ、このベトベト利用して色んな物張り付けてましたけど^^;
156ではシフトの土台部分に使われています。

クーペフィアットの時にはベトベトが出始めてから売却したのでなんの対策もしませんでしたが、156の時には剥がして塗装しました。

156のベタベタ対策

このベタベタ塗装は程度によって剥がす難易度が違います。
手にべた付く程度だとまだ剥がしにくく、今回作業したリアエアコン噴き出し口切り替えスイッチがまさにそれです。

一応バラして塗装部分を分離します。
(写真右と左の2個)

ベタベタ

まあ、落ちないだろうなと一応水抜き剤で浸して様子見ましたが、やっぱり何の変化もありません。
次にシンナー(プラモ用)で落とそうと浸しましたが柔らかくなることは鳴るのですがなかなか落ちません。
数回繰り返して、乾いたタオルでゴシゴシと摩擦熱で柔らかくして落としました。

右のスイッチ部分はベースが白プラで地肌が出そうな感じがしましたので軽く擦って、さらに消しゴムで仕上げました。

で、組み上げます。

ベタベタ

スイッチ自体はサラッとした中にちょっとべた付く感じもしますが、まあこんな所でしょう。
外枠は綺麗に落ちています。

さて車に取り付けようとしたのですが、やはりこのスイッチの横の噴き出し口のベタベタが酷くて触ると手にくっ付きます。
実はこの位が剥がす難易度が一番低いのです。
表面の少しならタオルでも拭き取れます。

ただ、やはり塗膜は厚いので溶剤を使います。
水抜き剤でもいいのでしょうけど、手っ取り早くシンナーで落とします。

ただ、この噴き出し口が簡単に取り外せないのでそのまま拭き取ります。
ですので前面の手でさわれる部分だけ(あとでコンソール外す時にすべて拭き取り予定)です。

もう、一気に落ちてタオルが真っ黒になります。

で、とりあえずスイッチ共々完成!

ベタベタ

結構いいですね。
マスキングしないで拭き取ったので周辺が所々、黒ずんでいる所がありますがその内クリーナーで落とします。

触ってもそんなにベタベタしません。

次回はフロント部分ですね。
フロントはメーターナセルを取り外さなければなりませんが、ネジ2本で外せるようですので挑戦してみます。

フロント噴き出し口はいい具合にベタベタしています。^^;

接触不良の対策
【2014/06/01 20:31】 Maserati&外国車
スロットルポジションセンサーの接触不良を疑って作業しました。

まずは作業しずらいのでコネクタを外します。
これがインテークゴムパイプの下の狭いスペースなので外しずらいったらありません。

何とか外して。
2つのコネクタが出ていますが、プラスティックの爪で固定されるコネクタは正常そのものです。
線材も剥きだしていませんし、線自体に柔軟性があります。

もう一つのワイヤーで固定される方はすべてテープで巻かれています。

スロットルポジションセンサー

ここで、この作業が結構腰に来る(腰痛持ち)のでスロットルポジションセンサー自体を外そうと思ったのですが、位置がずれるとアクセル開度もずれるようなのと、スロットルポジションセンサーの下のボルト(20番のトルクス)にそのままではどんなに頑張っても工具がアクセス出来ません。

ですのでスロットルポジションセンサーを取り外すのはあきらめて、椅子に座ってこれ以降の作業をしました。

工場で整備されたこの部分ですがテープを外してみると、外側は布テープなのですが、中はビニールテープでした。
まあ、それよりも剥き出し部分が多いです!!

緑、赤、黄と3本あるんですが、緑の被覆は殆どありません。(見えている部分)
その他もかなり取れています。

工場では結構丁寧に被覆してあり、互いが接触している風には見えませんでした。

スロットルポジションセンサー

これを再度、1本1本綺麗にビニールテープで被覆していきました。
(本来は耐熱テープが良かったんでしょうけど)

スロットルポジションセンサー

さらにまとめて束にして外側のゴムを被せた上に再度ビニールテープで巻きました。
(これも耐熱テープが良いと思う、、、)

スロットルポジションセンサー

最後にコネクタの両端子に接点復活剤をかけて接続します。

スロットルポジションセンサー

まあ、今回作業して線の接触による不具合ではないことは確認できました。
あとはカプラーの接触不良もあるのでしょうけど、今回の作業後、近場に買い物に行った限りでは不安定なキックダウンは発生しませんでした。

今度の長距離走行で結論は出るかもしれませんね。

ただ、今回線の被服が結構ドロドロに溶けていたので、これ(スロットルポジションセンサー)を今後このまま使い続けるのはかなり不安が残ります。

様子を見て、近々購入の方向で検討したいと思ってます。



さて、話は変わりますが、エアコンが物凄く効くようになったのは良いのですが、噴き出し口のベタベタが非常に気になります。

特に後部座席用です。
これをコンソール外さないで取れないものか、コンソールボックスの下の部分を小さなネジ2本で外して中を見てみました。

カプラー

結論から言うと噴き出し口はサイドのネジ両側4本、下のネジ1本で固定されており、やはりコンソールを外してひっくり返さないとネジにアクセス出来そうにありません。

吹き出し切り替えのボタンは裏のコネクタ抜くだけですぐ取れたんですけどね。

それと一つ気になったのは、ボックスの下に未接続のコネクタが2本あるんですよね。
なんだろう?これ?

思い当たるのは同じようなのが2本あるので、両座席のヒーター用カプラーなのか?
私のクアトロポルテにはついていないのでそうなのかと思いましたが、まあ、そのうちテスターで調べてレーダーの電源に利用しようと思います。




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

懐かしのNHK時計 ×
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

更新したらお知らせします ×

情報の輪(リンク) ×

マッチ売りの少女の気持? ×


ブログ内検索 ×

広告 ×

Speed不動産情報
↓携帯サイトはこちら ただいま長崎県の情報掲載中です いけす居酒屋 雑魚屋
福岡天神店
長崎思案橋店
佐世保下京店
熊本東急イン店


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる




  1. 無料アクセス解析