DREAM LIFE~夢の生活に向かって~
イタリアから来た車と日々気になることを書き留めた趣味と気まぐれのBLOGです。

↓MyCarです 乗れなくなったら床の間へ!! ×

LOHAS20

Author:LOHAS20
Myブログへようこそ!
家業の一部は姉妹サイト「もうすぐ、いけどき、お茶にするばい【2nd season】」で更新中!


Twitter ×

最近の記事 ×

月にこれだけ書いてます ×

分類するの苦労しました ×

最近のご意見(^^; ×

参照ありがとうございます ×

メール遠慮なくどうぞ~(^^; ×

名前:
メール:
件名:
本文:


Powered By FC2 ×

無料blog ホームページ FC2PIYO  サーバー・ホスティング アフィリエイト・SEO対策 カウンター


御来訪ありがとうございます ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブレーキ関係総交換&オーバーホール(後半)
【2013/04/23 11:12】 Alfa Romeo&外国車
※命に係わる重要部分なので本来は信頼おける修理工場などで整備することをお勧めします。また記事をもとに作業されて不具合などが生じても責任は持てません。

フロントのブーツまで行った所で1日目は終了して、その日暑かったのでTシャツで作業していたのが災いしたのか、次の日、風邪ひいてしまいました、、、。

で、仕事の関係もあるので中2日空いて作業再開です。
ブレーキオイルも簡易キャップで漏れていませんでした。

抜いたピストン、シリンダーですが大きな傷もなく、程度も良かったですね。
綺麗に洗浄し、組み付け準備です。

ちなみにホース接続部分からエアーで中の水分や埃などを吹き飛ばしておきます。

ブレーキOH

まずはリングに万遍なくグリス(付属の結構固い赤いグリスです)を塗ってシリンダーの窪み(奥)にはめ込みます。

ブレーキOH

次にピストンの側面にもグリスを塗ってブーツを履かせてシリンダーに挿入します。
こんな風に書くといかにも簡単なように思いますが、これが一番難しく、殆どPCの前で対策を調べていました。

というのもどちらかを最初にはめて片方を入れようとするとまずうまくいきません。
(詳しくは説明しませんがやってみるとわかります)

ですので、思いついたのがとりあえず途中まで履かせて入れていく事です。

下の写真のようにまずピストンにブーツを後ろから少しだけ履かせてブーツのシリンダー側を伸びるようにしておき、この状態でシリンダー側の溝にゴムだけで少しずつ入れていきます。

ブレーキOH

入れ終わったらピストンを押し込んで行き、最終的にピストンの溝にブーツを入れて完成です。

ブレーキOH

ちなみにブーツの裏、シリンダー、ピストンの溝にはグリスを塗っています。

これであとは元に戻すだけですが、もう一つやることがあります。
このキャリパーにブレーキホースを接続します。

ステンホースをねじ込んでいくとあれっ?
結構締めているのに付属のワッシャーがブラブラと遊んでいます。

こりゃ純正よりねじ部分が長いんだと思ってワッシャーを追加しようとホームセンターへ!
もちろんこんな変則的なワッシャーは無いので近い外径と内径の銅ワッシャーを購入し、穴を広げて自作しました。

ブレーキOH

でこのワッシャーとの2枚がけで締めこむといい感じです。

ただ、ここまで来てふと、、、、純正のワッシャーがあったっけ?
と思ってキャップに塞がれている純正を確認すると、、、、ない。
それどころか長さも変わらない様な、、、。

で、比較してみると、やっぱり同じです。

ブレーキOH

というか、純正は途中までしかねじ込まれていません。
ねじの途中の黒塗装が物語っています。

冷静に考えるとブレーキホース自体ねじれ剛性が高い方なので適正に締め付けておけば後は緩む可能性は低いのかもしれません。

ですので結局、ステンホースについていたワッシャーだけであとはネジロック剤を塗って締めこんでおきました。

あとはキャリパーを元に戻し、スライドピンを清掃してグリスアップし、パッドも組み付け、鳴き止めグリスを接触部分のみ塗って組み付け、ピンで止めて完成!

ブレーキOH

最後にボディ側にブレーキホースを接続します。
接続部分はゴミが酷いのでブラシで清掃し、高圧のエアーで吹き飛ばします。
さらにブレーキクリーナーで洗い、エアーで乾燥させます。

ここまでしてまずは中央のキャリパー側のブレーキホースを固定しているピン(プレート?)をプライヤーかなんかで手前に引っ張って抜きます。

ここでまたエアーで埃を吹き飛ばします。(混入しないために)

下のボルトを抑えて上の(車体側)ボルトを回します。
結構固く締まっています。

外れたら速攻でステンホースをねじ込みます。
取り付ける金具部分にはキャリパー側のホースのボルトが回らないように小さい切り欠きを設けてありますのでここにはまるように差し込みます。

締めたらピンを差し込んで完了です。
ここまでの作業でブレーキオイルが漏れたのは10滴程度です。

再度、漏れたブレーキオイルをブレーキクリーナーで洗い流し、エアーで乾燥させたら終了!

ブレーキOH

全体図です。

ブレーキOH

さて次にリア側の交換です。

スライドピン2本抜いてキャリパーを外します。
リアはキャリパーにブレーキホースとサイドブレーキワイヤーが繋がっていますのでそれぞれを外していきます。

ブレーキOH

ウォータープライヤーを使用してスプリング(金具を挟んで縮める)を縮めてサイドブレーキワイヤーを外します。

ブレーキOH

うわっ!
このワイヤーカバーのゴムがもうボロボロです。
ですが交換品は無いので仕方なくそのままで、、、。

ブレーキOH

ブレーキホースを外し、いつものキャップをつけておきます。

次にまずローターを外します。
リアは簡単です、ローターを固定している12㎜のボルトを外してそのままゴムハンマーで裏からたたくと外れます。

ブレーキOH

あとは清掃します。

外したキャリパーを洗って乾燥させたらピストンを抜きます。
リアはエアーでは抜けないので専用ツールで抜きます。

以前パッド交換したとき、こいつが無くて苦労して結局ディーラーに交換してもらいました。

ブレーキOH

これで今回は楽勝!!
回し始めると、、、

固い!
むちゃくちゃ固いです。
ちょっとやそっとでは回りません。

もちろん反時計回りで抜く方向に回しているんですが、全く回らないのです。
そういえばディーラーでも固いのでパイプをかけて回すと言われていたのを思い出してパイプをかけてみました。

ブレーキOH

そうすると、、、
回るどころか不可に耐え切れず専用ツールのバーが曲がってしまいました、、。

どうするか、もしかしたら後ろのナットを外すことで全分解できて緩むのではと考えたのですが、この内部はさらに専用ツールが必要になる可能性があるので、今回はブーツ交換はあきらめました。
(なんだか前回とおんなじ?)

で、今度は締める方向に回すと固いことは固いのですが、ゆっくりと入っていきます。

結局、リアはパッドとローター、ホースを交換しただけにとどまりました。

あとの組み付けはフロントと同じです。

すべて終了してホイールを取り付けると隙間から新品ローターの銀色の輝きが!

<フロント>
ブレーキOH
<リア>
ブレーキOH

リアのオーバーホールが出来なかったのはありますが、なんだかスッキリです。

今回交換に際して出たのはこれだけです。
パッドなんかまだ十分に残はあったのですがフロントパッドの金具が折れたりしていたのを前回チェックしたときに確認していたのとブレーキ鳴きがあるのでそれが治ればということで全交換しています。

ブレーキOH

さて、早速試走です。

このまま公道に出るのはまだ危険なので、敷地内を30㎞~40㎞程度で前進後進してブレーキを強く踏んで少しでも当たりをつけます。
当たり前ですがローターパッド共に新品なので効きません、怖いですね。

ですがある程度すると少しずつカッチリ感が出てきたので公道に出ます。

それでもまだ効きが弱いですね。
ただ、十分にエア抜きをしたせいか、スポンジーな雰囲気はありません。

それより、少しブレーキポイントが奥に行ってカッチリ効く、さらに踏んだ分だけ効くという感じです。
なかなか好フィーリングな感じがします。
このまま山に行ってもう少し焼いたらさらに効きがアップしてきました。

※ちなみに上記感想はノーマルブレーキの範疇でです、それ以上のものはありません。

今回は時間かかりましたが、最終的には交換して良かったと思います。
最後に今回で一番良かったのが「ブレーキ鳴きが無くなった」ことです。



次はいつになるかわかりませんが下記のメニューが残されています。

1.ロアーアーム・アッパーアーム交換
2.クランクセンサー交換
3.セレスピードアクチュエーター・ポンプ・リレー・ポテンションメーター交換
4.クラッチ交換

特に不動になる2,3,4は早めに行いたい所ではありますね。

スポンサーサイト
ブレーキ関係総交換&オーバーホール(前半)
【2013/04/20 10:55】 Alfa Romeo&外国車
※命に係わる重要部分なので本来は信頼おける修理工場などで整備することをお勧めします。また記事をもとに作業されて不具合などが生じても責任は持てません。

パーツも揃ったのでブレーキ関係の総交換を決意し開始しました!!
(そんな大げさなものではありませんが)

まずは情報収集!
アルファロメオのブレーキオーバーホールはいくらググってもなかなか出てきません。
ですので国産車の事例を幾つか見た後で始めました。
まあ、そんなには変わらないと思いますしね。

まずはお清め(掃除)から^^

ここにはいつもMy156とEKスポーツを入れていますが、暫くMy156のみになるのですべて出してまずは掃除です。
あ~、早くここにリフトを設置したいなぁ、、、、。

ブレーキOH

作業途中でも調べる事が出来るようにPC(倉庫用)も設置します。
これ、家のWi-Fiで繋がってます。

ブレーキOH

今回はこれだけ交換します。
ローター、パッド、ステンホース、ブーツ、それぞれ前後です。

ブレーキOH

さて、それではウマかけて前輪部分から始めます。
作業始めたのが午後2時頃なのでおそらく本日中には終わりませんね。

まずはキャリパーのピンを外して、スライドボルトのキャップを上下2個取ってスライドピンを2本外します。
この時点ですでに外し方を忘れていました。^^

で、フリーになったキャリパーからブレーキホースを外します。
キャリパー側から外さないとゆっくり作業できません。

ポタポタ落ちるブレーキオイルを止めるために、ステンブレーキホースについているキャップをつけることで一時的に漏れを止めます。
(この状態で2日ほど持ちました、なぜ2日空いたかは後ほど)

ブレーキOH

次にブラケットを外します。
ここはすべての荷重を受けるので固いのは予想していましたが、まあラチェットではなく、スピンナーハンドルで力いっぱい回せばグニャリとした感覚で緩みました。ラチェットでは難しいかもしれません。

左側はそれでよかったんですが、右側はそれではビクともしません。
ですのでパイプかけて回しました。

ブレーキOH

これでローターは外れます。
(リアはブラケット外さなくてもいいんですけどね)

外したローターと新品を比較すると減ってはいますが極端に薄いという感じはありません。
ただ耳ができていますので中心部分は薄いと思います。
まあ11万キロ走行ですから丁度いいんじゃないかと思います。

ブレーキOH

いろいろ外したついでに各部を点検。
足回りを持って動かした感じでは異音もグラつきもありませんでしたのでまずまずかと思いますが、予想通りロアーアームのブッシュは裂けていました。
最近、ゴトゴト音がするのでこのせいでしょうね。

ブレーキOH

次回はこのあたりの交換かもしれません。

さて、外したキャリパー&ブラケットはそのまま水につけて真鍮ブラシでゴシゴシ洗います。
見る間に真っ黒に変わりますから長年のブレーキダストが体積していたんですね。

洗ったらエアーで吹き付けて隅々の水分を飛ばします。

乾燥したらいよいよピストンを抜きます。
エアーでブレーキホースが接続されていた穴に吹き込むとあっけなくスポンとピストンが出てきます。
ブレーキ液と一緒に。

※写真ではピストンの前に何もつけてませんが厚手のタオルをクッション代わりにおいておかないと衝撃でピストンに傷がつきます。

ブレーキOH

この作業始めて思いましたが、あらゆるところでエアツールの出番がありますのでエアーコンプレッサーは常備して作業を進めることをお勧めします。(ピストン抜くだけなら自転車の空気入れでもいいと思いますが)

ピストンが抜けたら古いブーツとリングを外します。
これはすぐ取れます。

新品と比較してもそんなに劣化しているようには見えません。
まだ大丈夫のようです。
ただ、ピストンの傷などブレーキ引きづりなどのチェックが出来るので無駄ではありませんでしたが。

ブレーキOH

今回のパーツはローター、パッドはYellow Magic TRADEで購入、ブレーキオーバーホールキットとステンホースはオークションのnobu_m2jpさんのサイトで購入しました。

特にnobu_m2jpさんの購入フォローやアフターサービスは完璧でした。
こちらの無理も快く対応いただけましたし、また利用したい所です。

さて、ここまで来て夕方になり、嫁さんと子供から晩飯の呼び出しがかかりましたので本日の作業はここまでとなりました。

次に続きます。

初めてのOH
【2013/04/13 20:06】 Alfa Romeo&外国車
ブレーキディスクが薄くなっていて交換しようと思い、去年9月にディスクとパッド1台分を準備したのは良いのですが、なかなか時間が取れず、ここまで伸びてしまいました。

それならばと!

OHにも挑戦してみようと思ってブレーキオーバーホールキットを取り寄せました。
本当はeBayで購入しようと考えていたんですが、送料も入れると高いんですね。

ですのでオークションで入手しました。
これで1台分です。

OH

リアはサイドブレーキなどあるので部品が多いんですね。
それに汎用品らしいので使用しない部品もあるそうです。

いろいろ検索するとサイドブレーキ関係は専用ツールが必要だったりするらしいので、程度を見て問題なければピストン部分のシール&ブーツ交換のみに留めておこうと思ってます。

さて、時間も取れそうなので来週あたりから始めてみようと思ってます。

あの頃に戻りたいなぁ
【2013/04/06 15:19】 毎日の出来事
ちょっと台所で探し物をしていたら、懐かしい写真を発掘しました。^^

20代半ばから後半頃に乗っていた車とジェットスキー(Kawasaki 550SX)です。

本来カラーリングされた船体で納品されるのですが、なぜかモデル後半というのもあるのかホワイトボディで来ました。
(ちなみにショップに来る時には木枠で囲まれてきます)

ジェットスキー

で、これ幸いに人と違うものが好きな性格も災いして、早速カラーリングしました。
(写真は途中のものです)

当時のジェットスキーレーサー(IJSBA)のハリーゴーチャーのカラーをまねて(少しだけ)カッティングシートで作成しました。

ジェットスキー

ジェットスキー

でもこのカラーもすぐに飽きて次にしたのがこの雑誌の表紙にあるクリスフィシェッティのカラーです。
これのブルーバージョンにしました。

でも、こんなにソックリではなく、どちらも何となく似ているレベルのものでしたけどね。

ジェットスキー

この雑誌も当時擦り切れるほど読んでましたし、ビデオも何回も何回も見てました。

で、このジェットスキーを運搬していたのがこのユーノスロードスターです。

ジェットスキー

これにヒッチメンバーつけてトレーラーを引いていました。


あ~、なんだか見てたらあの頃に戻りたいと思い始めました。
そしたら当時後悔した、あの事と、あの事と、あの事(もっとあります)を再度挑戦できるのに、、、。




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

懐かしのNHK時計 ×
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

更新したらお知らせします ×

情報の輪(リンク) ×

マッチ売りの少女の気持? ×


ブログ内検索 ×

広告 ×

Speed不動産情報
↓携帯サイトはこちら ただいま長崎県の情報掲載中です いけす居酒屋 雑魚屋
福岡天神店
長崎思案橋店
佐世保下京店
熊本東急イン店


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる




  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。