DREAM LIFE~夢の生活に向かって~
イタリアから来た車と日々気になることを書き留めた趣味と気まぐれのBLOGです。

↓MyCarです 乗れなくなったら床の間へ!! ×

LOHAS20

Author:LOHAS20
Myブログへようこそ!
家業の一部は姉妹サイト「もうすぐ、いけどき、お茶にするばい【2nd season】」で更新中!


Twitter ×

最近の記事 ×

月にこれだけ書いてます ×

分類するの苦労しました ×

最近のご意見(^^; ×

参照ありがとうございます ×

メール遠慮なくどうぞ~(^^; ×

名前:
メール:
件名:
本文:


Powered By FC2 ×

無料blog ホームページ FC2PIYO  サーバー・ホスティング アフィリエイト・SEO対策 カウンター


御来訪ありがとうございます ×

未知の体験(最終日)
【2009/09/30 18:37】 家業
最終日の朝です。
ホテルから見る外の景色ですが、もう至る所に高層マンションがあって、遠方の景色は見えません。

ですのでよっぽど夜の景色は綺麗なんじゃないかなと思っていたのですが、結構真っ暗なのです。
街灯が少ないのとマンションにあまり住んでいない(投機対象として購入している)せいですね。

最終日

ホテルのTVですが、CATVでチャンネル数が50チャンネル程あります。

最終日

中国各地のものが見られるようです。(たぶん)

日本でもおなじみのTVショッピングをやっていたのですが、日本でも販売されている”とある商品”が流れていました。

でも良く見ると、何か違います。

下記の動画を見るとよくわかります、堂々とTVでやっているんですね。(^^;



さて、早速仕事の訪問先へ

途中市場がありましたので(家業の)参考に覗いてみました。

野菜はそんなに種類は多くはないですね。
冬瓜と胡瓜が大きいです。

最終日

魚は川魚がメインのようです。
海の魚もありましたが、ちょっと傷んでいるようです、、、、。

お客さんが匂いを嗅いで元に戻していました(^^;

最終日

店の奥では女の子(多分)が店番?してました。
可愛いですね、うちの息子より一つ位お姉さんかな?

最終日

さて、仕事も何とか終わり、残り時間を視察(?)へ切り替えます。

上海の電脳市場に連れて行ってもらいました。

最終日

店内は日本と変わりがありませんが、朝見た「あれ」がどの店舗にも置いてあります。
ロゴはまさにリンゴです。(^^;

同行の中国の方に聞くと、「もしかしたら(^^)」と言われたんで定かではありませんが。
PS3ソフトもありましたがこれはもろ「○ピー」でしょうと言ってました。

最終日

もう一軒行ってみました。
こちらは今年オープンの店舗です。新しいですね、各種PCメーカーが入ってました。

それに秋葉と同じ「メイド喫茶」もすでにありました、やっぱり同じなんでしょうか?

最終日

昼食は九州でおなじみの「味千ラーメン」が至る所にありましたので、食べてみました。

かっ辛い!

昨日の四川が思い起こされます。
まあ、辛めのものを頼んだのですが、日本と同じと思ってはいけません。
辛さは四川並です。(^^)

この味千ラーメンは香港本社となっていると中国の友人は言ってますが、日本本社もあるので海外部門を香港本社としているのでしょうね。もちろん納税の関係上、有利なのは言うまでもありませんね。

最終日

汗びっしょりになって出た後は、最後の視察場所「○○ー販売所?」へ行って見ました。

どれかわかりませんよね?
店内は凄いです、詳しくは書きません。

最終日

途中、フェラーリに遭遇しました。

最終日

上海で初めて走行しているのを見ましたが、かなりのお金持ちでしょう。
聞くと日本より格差が大きく、とんでもない金持ちが沢山いるそうです。

実際に販売店もありました。

最終日

さて、すべての工程が終わり、後は帰るだけとなりました。

電車、地下鉄を乗り継ぎ、リニアモーターカーの始発駅に到着です。
このリニアモーターカー、空港までの約30kmを約7分で走ります。

最高時速430km/hです。
カウンタックより速いです。(というか速度の比較にカウンタックを持ち出すとは年齢がわかりますね(^^;)

チケットは片道50元ですが、航空券があれば40元になります。

最終日

さて、出発です。

最終日

動画はこちらから、風景と速度がわかります。
(430km/h(正確には431km/h)は目視で確認しましたがビデオには撮れてません)



初めての400km/h越えは凄かったですが、短かったのでアッ!というまでした。

帰りは連休最終日ということもあり、空港は多かったですね。(それも日本人)
福岡到着ですので、バスで長崎まで。

無事到着。

お土産は丁度、中国が伝統行事「中秋節」に来月あたるので、それに欠かせない贈り物「月餅」を買ってきました。

ここのメーカー(杏花楼)って1、2を争う有名メーカーらしいですね。
ちなみに訪問先の会社近くのスーパーで買いました。(安っ)

最終日

さて、仕事がうまくいけばまた行く機会が出来そうですので頑張らなければなりませんね。

スポンサーサイト
古き良きもの(2日目)
【2009/09/29 15:47】 家業
上海も2日目です。
また雨、、、、、。

ついてませんね、上海で雨に降られると結構汚れるんですよね。
舗装はされてはいるんですが、コンクリートのせいもあるのでしょうか、粒子が細かい泥水で道が汚れます。

さて、朝ホテルを出ます。
相変わらず、渋滞が酷いですね。

2日目

【上海の交通(車)事情】
以前来た時は(日本では)日産がライセンス生産していたサンタナが至る所(主にタクシー)走っており、走っている車はこれしかないのかと思っていたのですが、今回はメルセデスベンツ、アウディ、BMW、プジョー、各日本車が走っていました、特にドイツ車は多かったですね。
(高額所得層が遥かに多くなったのでしょうね)

もちろんこれは現地生産車であり、輸入車は税金が高いそうです。
また聞くと本国生産車と比較してクオリティがあまり良くはないと言ってました。

もちろん今回もサンタナは走っていました。ちょっと新型になってましたが、相変わらずタクシーが多いですね。

さて、以前は自転車が多い、原チャリが多いという印象があり、えらく排気ガスが目にしみる印象がありましたが、今回は雨のせいもあるのでしょうが、結構綺麗です。
また、町が静かです。

それもそのはず、原チャリは殆どが電動モーター仕様です。
エンジンが付いているのもLPGだそうです。
政策で基本的にエンジンは禁止されているそうですね。

もちろん自転車も走ってました。(少なくなりましたが)

2日目

さて、本業の仕事も打ち合わせも午前中で終わり、午後からは上海市内を観光です。(^^;

まずは豫園です。
さすがに有名な所だけあって観光客も世界中から来ているような雰囲気です。

まずは周辺から、

2日目

周辺はお土産屋だらけですが、なんか雰囲気が長崎ランタンフェスティバルを思い出させます。(^^;

2日目

2日目

さて、ここから有料の豫園へ入ります。

詳しい説明はこちらのエクスプロア上海をご覧ください。(^^;

2日目

2日目

2日目

2日目

いや~確かに個人の持ち物としては凄いものがありますね。

次に向かったのは上海の代表的な建物、「上海タワー」です。

近くから見るとデカイですね。
ファインダーに収まりません。

2日目

超高速のエレベーターで上ると、あの森ビルも霞んで見えるほどです。

2日目

350mの所では足元がシースルーです。
高所恐怖症の私は足がすくんで動けませんでした。

ほんと、コワっ!!

2日目

やっと降りてきて(ホッ)2日目の夕食となりました。
今日は四川料理です。

昨日と違ってもっと庶民的な店(といっても多分高級店?)です。

まずは前菜の「アヒルのレバー」と「鶏のから揚げ煮」です。
※四川料理のメニューがわかるわけありませんので、適当に料理名をつけてます。(^^;

レバーは兎も角、から揚げは皮がパリッとして超旨いです。

ただ、、、、、、ちょっと辛いかな。(この時点ではこの程度でした)

2日目

次は会社の近くのスーパーでも普通に売ってあった食材。

、、、、「カエル料理(野菜炒め風)」です。

まあ、別段(日本の)地元の焼鳥屋でもたまに見かけるので食べられないってことはありませんが、でも本体を日中に見ているので少しは、、、、、ありますね。

でも、味は淡白で美味しいです。
鶏のささ身をもう少し柔らかくした感じです。

ただ、これも辛いです、、、ここにきて唐辛子の使用量が半端ではない事に、、。

2日目

次は本場の「麻婆豆腐」を食べてみたかったのでリクエストしました。

やはり、、、、これも味わうというか辛い!!
美味しいのですが、辛くて辛くてこの時点で舌が痺れています。

青島ビールでしばし休憩、、。

2日目

次は魚料理ですが、シェフ(というか料理人?)が食材を見せに来ました。
う~ん、別に良いんだけどなぁ、、何の魚かわからないし、、、蛇皮だし、、、。

2日目

出来た料理がこちら↓
これスープじゃないですよ。

透明なのはすべて油です、油で煮てあるようです。「○○魚の油煮」
でも、不思議と脂っこくないし、美味しいですね、川魚の生臭さが全然ありません。

ただ、やっぱり唐辛子だらけです。
倉庫開けたら唐辛子しか入っていないんじゃ?

でも、この辛さは湿度の高さを克服するためのものだって中国の方は言ってました。

2日目

こちらも四川といえば食べてみたかった、「担々麺」です。
ラーメン椀に出てくるかと思っていたら、お茶碗レベルです。
調べてみたらもともと軽食扱いだったらしいですね。

これも辛い!
なんか、、、、ここまで来たら舌が痺れてしまって本来の味がわからないような気がします。

2日目

後は「茹で?餃子」に

2日目

焼き餃子です。

もうこの時点でもう何だか分りません。(;_;)

2日目

食事が終わってホテルへやっと戻ってきました。(会計は昨日よりさらに安っ!)
明日、お腹大丈夫でしょうか?


あ、そうです。
Docomoの海外対応携帯って結構便利なんですね。

勝手に時差まで考えて日本と滞在地の時間を表示してくれます。

2日目

では、ピリピリの舌で3日目(最終日)に続く、、、、、

一路上海へ!(1日目)
【2009/09/26 20:09】 家業
先日の連休はシルバーウィークって言うんですね、ゴールデンの次だからという単純な理由でしょうね。
じゃあ、もう一個出来たら、ブロンズウィークってなるのは確実ですね。(^^;

それは兎も角、そのシルバーウィークに中国は上海へ行ってきました。
でも、仕事なんですけどね。(日本は休みだけど外国は仕事ですので)

まずは長崎から飛び立ちます。
中国東方航空で上海浦東国際空港まで行きます。
時刻表上では30分のフライト時間ですが、現地時間なので約1時間20分かかります。

短時間のフライトなのに食事が出ました。
(CAの方、忙しそうです)

上海1日目

で、着きました。(^^;
10年ほど前、行った時には上海虹橋国際空港だったのですが、規模がまるで違います。

日本を出るとき天気予報を調べたら滞在期間中すべて雨だったのですが、やはり降ってました。(;_;)

上海1日目

ここからは車で移動です。
空港から出てからは高速道路での移動ですが、料金所はありません。
すべての車に月々利用料が自動徴収されているそうです、これは効率良さそうですね。
(日本では苦情でそうですが、、。)

まあ、これから遭遇する大渋滞を見れば納得もしますね。

上海1日目

途中、来年開催される「2010年上海万国博覧会」のパビリオン建設現場の近くを通りました。
遠くに見える逆三角形の建物が中国のパビリオンらしいです。

上海1日目

ホテルについてチェックインしてから会社へ向かいます。
電車と地下鉄を利用して向かいますが、日本と同様でSuikaのようなプリペイドカード式です。
電車&地下鉄&バスに共通利用出来るらしいです、進んでいますね。

上海1日目

初日の簡単な挨拶も終わり、希望していた施設へ向かいます。
それにしても雨酷いですね、高層ビルの最上階は見えません。

上海1日目

はい、こちらは上海で上位に位置付ける百貨店の「新世界」です。
ここはある目的があったんですが、結局ありませんでした。

上海1日目

中はまるで日本の三越、大丸なんかとそっくりです。
ちなみに価格も全く日本と変わりません。

上海1日目

さて、そんなこんなで初日も終わり、期待していた食事となりました。(^^)

まずは前菜です。
春巻きと思いきや、「ほうれん草の豆腐皮巻き?」のような感じです。
奥は「高菜の甘辛煮」のようです。

いずれもサッパリして美味しいです。

※ちなみに料理名はわからないので勝手につけています。(^^;

上海1日目

こちらは「キノコ(細長いもの)とアスパラのホタテ炒め」です。
これ美味しいですね、お勧めです。
(なんていうキノコだろう?)

上海1日目

これ、フランス料理でおなじみのエスカルゴのようです。
見た感じから名付けると「ジャンボタニシのグラタン風」って感じの味です。

これも美味しいですね。

上海1日目

これ見たまんまで、食べ方が違います。
「むきエビの酢醤油つけ」?って感じです、酸っぱい調味料をつけて食べます。

私はあまり好みではありませんでした。

上海1日目

これは空心菜?パクチョイ?
「野菜の醤油炒め」

これはそこそこですが、日本でも食べられるような味です。

上海1日目

はい!
これは私がリクエストしたチャーハンですが、中国の方が気を利かせて日本では食べられないチャーハンを頼んでくれました。

う~ん、何だろう、、、
キノコが入っているようだし、他にもなにか、、、
美味しいですが不思議な味でした。

上海1日目

最後はスープで〆ですね。
なんか日本風でサッパリします。

上海1日目

中国の方は最初に殆ど注文しますね。
周りを見ても追加追加で注文する方はいません。

さて、上記各種料理を青島ビールと紹興酒で流し込み、強力に腹一杯となりました。

ここは結構高いらしいのですが、会計を聞いて「そんなもん?」と思いました。
1元/14円ですからね。

さて、2日目に続きます。

GT romanの白熱
【2009/09/12 17:57】 毎日の出来事
結構、気に入るとずっと購入し続けるの車の雑誌なのですが、昔は「ホリデーオート」、ちょっと年齢が上がって「ベストカー(昔はガイドがついてました)」、クーペ買ってからは「Tipo」を欠かさず読んでました。

ただ、最近Tipoがなんかマンネリで面白くなくて、さらに意外と楽しみにしてた「BOLTS AND NUTS!」がなぜか全然面白くなくなってしまい、先月から購入をやめてしましました。

もう残るはこれだけです↓

定期購読中!

毎月、西風氏の新作が読めるので楽しみです。

そういえば最近この中で車小説の「白熱(デッドヒート)」が連載されていますが、著者の田中光二氏は一番好きな作家です。

この人の書く車やハードボイルドは面白いですね。
このカテゴリーが発売されたらいつも購入しています。
(惜しくも大半を処分しましたが、、、。)

その白熱ですが、初版ではありませんが持っています。

白熱と書いてデッドヒート

小説とコミックです。
これは映画化もされて、今年の春DVDも出ています。



これ見ていませんが面白そうですね。

この白熱の後、数年して続編ではないのですが似たような感じの作品が発売されています。

これ面白い!

ファントムという名前などが出てくる所は前作を感じさせる部分があります。

ただ、この「サーキラー」、カーホラーとなってますがどんなカテゴリーでしょう。

心臓部移植でリニューアル
【2009/09/06 23:58】 PC
長年、仕事にプライベートに活躍してくれたノートPCのLaVie LR700/9Eですが、年末の記事にも書いてたように、グラフィックチップが壊れたのか映りが悪くなってしまいました。

ですので今まで放置(たまにWEBだけ使用)したような状態だったんですが、今回、親類から殆ど使っていないようなノートPCを譲ってもらいました。

そのノートはLaVie LL770です。
XP HomeのCeleron1.3GHzのノートでHDDはすでにご臨終でした。

調べるとLR700と同じ年式で、CeleronではありますがシリーズにPentiumMのCPUがあります。
おそらくソケットも同じだと思いますので、HDDだけ乗せ換えて動かすつもりだったんですが、ついでにCPUやメモリも総移植することにしました。

※もしこの記事見てやる方は自己責任でお願いします。

どちらの機種も分解が簡単ですね。

両機種の分解方法は下記のサイトを参考にさせていただきました。
・LR700/9E
http://www.geocities.jp/discovery55555/index.html
・LL770/A
http://www3.airnet.ne.jp/~yoko/pc/pc_kaizou_051.htm

下の写真はLR700/9EのCPU部分です。
中央左部分にあります。

LR700

赤いマジックでチェックされたネジを時計回りに手ごたえがあるところまで回してCPUを浮かせます。

LR700

こちらはLL770/AのCPU部分です。
中央部液晶よりにあります、写真ではヒートシンクが乗ってます。

LL770

こちらのCPUはレバー式です。
レバーを上にあげるだけで簡単に外れます。

LL770

あとは外したCPUを相互に入れ替えて取り付けます。
CPUはピンがある面の4隅に一ヶ所だけピンが1本無い所があるので、ソケットのその部分と合わせて乗せます。

HDDもこれよりもっと簡単に外れますのでこれも相互交換、メモリもネジ一本です。



さて、総交換してドキドキしながら電源を入れると、BIOS立ち上げ画面でちゃんとPentiumMの表示が出ます。
むろん、BIOS画面でもすべて正常に認識(CPU(1.6GHz)、HDD(100GB 7200rpm)、メモリ(1GB))しています。
(ホッ)

体感速度もLL770/Aのノーマルと比較したら段違いの速さです、スワップも殆ど起こりません。

さて、ここからOSのインストールなど行うわけですが、購入時に戻すのも芸がないので(というか詰め込みPC自体が嫌いなので)クリーンインストールをしました。
クリーンインストールのOSは新規購入したものではなく、プレインストールPCから生成します。
もちろん最新のSP3を当てたものを作ります。
下記のサイトを参考にしました。

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/3686/instcd.html

はい、ここで大事なことがあります。
プレインストールPCに張ってある正規版のOSである証明のプロダクトキーシールですが、(私の場合)このプロダクトキーでは認証出来ませんでした。

ですので本来のプロダクトキーを表示するために下記のソフトを使って表示させます。
Windows Product Key Viewer
これをメモして、インストール作業を行います。

さて、プレインストールPCをクリーンインストールする場合、一番困るのがデバイスドライバです。
NEC(最近のはわかりません)のノートはCドライブ上に「WINXP」というフォルダがあります。
ここにそのノートPCのドライバがあります。

構成は下記の通り、カッコ書きは私が解り易くするために追加しています。
ドライバ
※他機種のものも含まれているので注意!
※液晶の照度はMFKXP(ワンタッチスタートボタン)をインストールしないと機能しません。

ですが、まずはNECの「NECサポートプログラム」で一度検索して、ここにあればそれを使って、残りを上記フォルダからインストールするといいですね。

それでもデバイスドライバを完全に元に戻すのは至難の業です。

ちなみにデバイスドライバ(ユーティリティは除く)を一括してバックアップしてくれるソフトもあり、これを使用するのも一つの手ですね。
下記の2つが使い勝手が良さそうです。

DriverMax(フリー版で十分です)
Driver Magician Lite

さて、ここまでやるとデバイスドライバの画面でビックリマークが出ることはほとんどありません。
(動作しているかは別です、ちなみにドライバは正常に入りましたが動画キャプチャーが機能しませんでした、、、、。別に使わないからいいけど)


最後にもう一つ、

今回移植したPentiumMはIntel SpeedStep Technologyが採用されており、CPUの速度が作業状況によって上下し、バッテリーを長く持たせる機能があります。

これを使う場合、BIOS設定画面で有効にする必要があります。

また、CPUの速度やメモリ量を見るためにシステムのプロパティを見ることがあると思いますが、SpeedStepが機能しているCPUの場合、そのCPUの最大速度の半分以下が表示されることがあります。
今回PentiumM 1.6MHzなので、600MHzで表示されることもあります。

正常ではあるんですが気分が悪いので、AC電源時には最大稼働状態にしておいて、バッテリー駆動状態になったらSpeedStepを有効にする設定にすることにしました。

そのための設定はソフトウェア(パワーモードチェンジャー)で行います。
これは(プレインストールの)LR700/9Eにはあるのですが、このLL770/Aにはありません。
また、LR700/9EのWINXPフォルダにもありません。

そこでNECのサポートプログラムで検索するとありました。
それも新しいバージョンでした。リンクはこちら↓

モジュール番号 :5244 パワーモードチェンジャーのアップデート

アップデートと言っても新規にインストールできます。また上記はXP用ですが、Vista用もここで検索して見つけました。

またインストールした後で見つけたのですが、他の方の情報ではプレインストール時のCドライブの「OPTIONS\OHTER\Apptet」に入っているそうです。

ちなみにその新しいバージョンですが、液晶の自動照度設定だけが出来ません。
その他は自動で制御してくれます。


ここまでしたPCですのでまた愛着が湧きそうですね。



ただ、モバイルとしては結構重たくなりました。
仕事に持って回れるかなぁ、、、、。




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

懐かしのNHK時計 ×
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

更新したらお知らせします ×

情報の輪(リンク) ×

マッチ売りの少女の気持? ×


ブログ内検索 ×

広告 ×

Speed不動産情報
↓携帯サイトはこちら ただいま長崎県の情報掲載中です いけす居酒屋 雑魚屋
福岡天神店
長崎思案橋店
佐世保下京店
熊本東急イン店


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる




  1. 無料アクセス解析