DREAM LIFE~夢の生活に向かって~
イタリアから来た車と日々気になることを書き留めた趣味と気まぐれのBLOGです。

↓MyCarです 乗れなくなったら床の間へ!! ×

LOHAS20

Author:LOHAS20
Myブログへようこそ!
家業の一部は姉妹サイト「もうすぐ、いけどき、お茶にするばい【2nd season】」で更新中!


Twitter ×

最近の記事 ×

月にこれだけ書いてます ×

分類するの苦労しました ×

最近のご意見(^^; ×

参照ありがとうございます ×

メール遠慮なくどうぞ~(^^; ×

名前:
メール:
件名:
本文:


Powered By FC2 ×

無料blog ホームページ FC2PIYO  サーバー・ホスティング アフィリエイト・SEO対策 カウンター


御来訪ありがとうございます ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


束の間の釣り(シーバス編)
【2007/02/27 20:41】 釣り
最近ずいぶんと御無沙汰していまして、とうとう我慢できなくなって仕事の合間に1時間程度、釣りに行ってきました。

場所はいつものサイクリングコース(メタボ完全追放コースとも言う)の近くです、ですので自宅から今回はクルマで5分の所です。

シーバス1


今日も夕日がきれいです。

シーバス2


ポイントはこの↑河口付近です、ボラが数匹跳ねています。
ボラのこの行動はより大きな(シーバスなど)魚に追いかけられている行動だと思っていたのですが、調べてみると体に付いた寄生虫なんかをジャンプの衝撃で落としている行動だそうです。

今回の目的は「シーバス」(スズキ)です、タックルはこれです。↓

シーバス3


万が一、シーバスがかかったときの為にベイトリールでルアーを投げます(というか他のリールが貧弱なので)、かれこれリールとロッドは8年物です。

バス釣りもやっているのでもともとバス用です。(^^;
まあなんとかなるでしょ。

ルアーはいくつかありますが代表的なシーバス用ルアーです。

シーバス4

シーバス5


これまで「バス」「シーバス」含め、数々のルアーを使用してきましたがことごとく湖中、川中、池中、海中へと消えていきました、、、。

あの、、、メガバスさえも、、、(;_;)

さて、釣果の方ですが、さっぱり、まったく、全然釣れません。
いいんです、気分転換なのでルアー投げて釣れた事を想像するだけで満足です。

、、、ホントは釣れた方がいいんですけどね。(^^;


今日はMy156ではなくて嫁さん号のEKスポーツで出動でした。

シーバス6


もうそろそろ洗ってあげなきゃ。

スポンサーサイト
農産物直売所
【2007/02/27 09:38】 家業
私の実家は農業です。
(一時期私もやってましたがちょっと違う道に行っちゃいましたが(^^;)

これまでいろいろなものを作ってきましたが最近は自然の天候に任せた野菜作りとなっています。

温室やビニールハウスで強制的に時期をずらした栽培方法では野菜そのものの本来の「味」が失われます。
ただ需要に答えなければならないのでこれも必要なんですが。

現在ほとんどの(生食用)トマトやキュウリなどはビニールハウス栽培です。
家(自家用)では露地栽培で作りますがやっぱり味が違います。

ただ、病気や虫が付きやすいので外観は出荷できるレベルではありません、もちろん徹底的な農薬散布を行えばビニールハウスものと遜色無い物に仕上げることが可能です。

でもそんなの怖くて食べられません、、、。

家では現在は本格的な販売は行っていません、親の老後の庭弄り程度の作付面積です。

それでも結構な量の収穫になりますので自家消費できない分は「農産物直売所」に出荷します。

直売所1

直売所2


市の運営の直売所です。

最近は直売所がブーム(?)なのであちこちにあります。
消費者のニーズ(新鮮、安い、安全(?))が揃っているので当然といえば当然です。

結構いろんなものが出荷されています。

直売所3


私が持って行ったものもこの中にあります。↓
(今回は野菜じゃないですよ、、、切り○○根です)

直売所4


無農薬(減農薬)&有機栽培で作る野菜は「安全」「美味しい」反面、農家にとってはコスト増&出荷可能数の減少を招いています。

これに見合う販売単価があればまだいいのですが、今年の暖冬やここ数年の野菜販売単価の低下が販売利益の減少で結構な数の農家が赤字になっているのではないかと思います。(実労働人件費を入れてです)

また栽培地をめぐる問題もあります。

野菜栽培→肥料撒布→匂いの問題→苦情→撤退→宅地化

このパターンが上記赤字問題と重なって農家&農業後継者の減少の元凶ともなっているようですね。


将来農産物のほとんどを輸入に頼るようになると考えると怖いですね。
うちはまだまだ自然栽培&無添加加工品で行きますよ~。

またまたルクル
【2007/02/26 01:30】 毎日の出来事
はい、今回もまた懲りずに「ルクル」へいって参りました。

ルクル1


なんでしょうかね、別段欲しいものも無いんですが、大規模商業施設というものは引き付けられてしまいます。
(主に嫁さんですが(^^;)

今回ホントは「トリアス久山」へ行こうと思っていたのですが、道間違えて途中に「ルクル」が見えたのでここになっちゃいました。(^^;

ルクル2


まあ、前回半分だけジャスコ側を見ただけだったので今回はその反対側です。

気になる店が2つありました。

一つは海外の食料品を扱うお店です、「カルディコーヒーファーム」というところで見て回るだけで結構楽しいですね、ここでは私の好きなテングのビーフジャーキーがありましたので購入しました。



もう一つは「笑みの食膳 やさしいまごのて」です。
いわゆる惣菜屋さんです。

ルクル3

ルクル4


有機農法、減農薬、無添加など流行のキーワードの食材で作ったものです。
味は昔からの自然の味となりますのでファーストフードや洋食になれた体には物足りなく感じます。

手もかかっているせいもありますが単価も高めです。
店舗デザイン会社が入っているのでしょうか、デザイン的にもまとまっています。

ただ、出来合いの惣菜を販売する所でいつも思うのですが、照明が強すぎるのと空調で惣菜が乾燥しすぎて美味しそうに見えません。

ルクル5


結局、出来立ての焼きそばを購入しました。
でも、食べる時良く見ると肉が入っていません!!失敗してしまった。
これもこの店の方針なのか、肉なし焼きそばはちょっと物足りないなぁ。(そう考えると高すぎ!)

ここで購入したのは他に和菓子をお土産代わりに購入したのですが、帰ってから食べると、、、普通でした。

ここの関連店舗でしょうか、バイキングと野菜直売所も横にありました。

ルクル6


その後、2階の書店でしばらく時間をつぶして、さて帰路につこうと店を出る時にふと左に1000円理容店「QBハウス」がありました。
面白いので試しに入ってみましたが、結構いいですね。

金額に合った内容ですがこれもありでしょうね。

ただ、寝れませんが、、、。


さて、次回は今度こそ「トリアス久山」へ行こう!!

キー電池交換
【2007/02/25 15:29】 Alfa Romeo&外国車
久しぶりの「アルファネタ」となりました。
(無理やり?)

正規導入の156のワイヤレスキーは感度が悪いので有名ですが、最近さらに悪くなってきました。
以前、Cピラーのアンテナを伸ばしてリアバンパー内まで伸ばしたことがありましたが、あんまり変わりませんでした。

アンテナを外に完全に出すと10m位の距離でも開きます、おおっ!感動です、、、、、というか、、国産車では当然の距離です。(- -#

さて、今回はもう完全にドアの前なのに開かないということも度々、何回かは待てなくてキー差し込んで開けました。

ワイヤレスキーなのに、、、。

ふと見ると、キーのランプが押してもいないのに点きっ放しです。

おおっ!バッテリー(電池)切れか、交換すると良くなるかも、、。
と、期待たっぷりで交換作業となりました。

キー1


ジャックナイフキーをまず立てると、そこにマイナスドライバーで回せる所がありますので、「UNLOCK」の位置まで回します。

キー2

キー3


回して手前に引くと「ボタン電池」が出てきます、汎用の「CR2032」です、良くゲーム用なんかで販売されていますね。

キー4


電池の裏表に注意して新品の電池をセットして上記手順の逆で取り付けます。

さて、どうなったか?



ぜんぜん、変わりません。

ランプの点灯はなくなりましたが、まあ、当然でしょうね、これは根本的に手を入れないと無理ですね。
電波法の関係で輸入時に微弱電波にされているのでしょうから素人にはこの部分は無理です。

まてよ、、、アンテナコードを室内まで伸ばしたら、、いけるか?

まあ、どっちにしろ次回気が向いた時にやってみることとします。

再インストール時に必ず入れるソフト
【2007/02/25 01:07】 PC
前回、再インストールしてかれこれ半年以上経ちました。

毎日稼動&各種ソフトをインストール&削除を繰り返しているとなんだか段々と重くなってきます。

また再インストールしようかなぁ、、、。

私のPCはメーカーPCなので必要でもないソフトをたくさん(かなり)プリインストールしてくれています。

使用するまでにこれを削除するのですがゴミが残ります。
これが遅くなる原因の一つと考えています。

最近のPC自体OS単体で付属していませんので、再インストールは1日がかりです。
VistaもBeta版インストールして検証してみたんですが今一動作が厳しそうなのでギリギリまでXPで頑張ってみるつもりです。

で、再インストール&新規購入時、必ずインストールする定番ソフトがあります。

オフィス系とグラフィック系とセキュリティ系は私は標準装備しなければならないのでこれ以外で

<メール>
Becky! Ver.2:使いやすいメールソフトです。

<テキストエディタ>
秀丸:簡単な文章作成とバッチファイルなんか開くのに便利です。

<ユーティリティ>
LHAユーティリティ32:解凍・圧縮の定番です。
ObjectDock:マックみたいですがこれ使うと便利です。
すっきり!! デフラグ:OS標準のものより強力です
CCleaner:レジストリなんかのゴミを結構掃除してくれます、気分爽快!

<マルチメディア>
・DVD Shrink 3.2:これ必須です(^^;
・Google Earth:暇つぶし用
・iTunes:音楽ファイル整理&ポッドキャスト(クルマ用)

<遊び>
・各種ゲームエミュレータ

このほかにパスワード管理ソフトがあります。

最近はブラウザにプラグインするソフトも多くなってきつつありますので将来はブラウザだけで全て可能になるのでしょうね。



そういえば、このブログのサブタイトルは「アルファ」関連なんだけどネタが無いなぁ、、、、、。

自転車運動はいいね
【2007/02/20 20:27】 毎日の出来事
今日のノルマは夕方には達成したので、運動不足解消の意味も含めて海まで自転車で出かけました。

海までといっても、家からはほんのわずか、本気で走れば10分程度で着きます。

年齢の限界があるので本気出せませんが、、、。(^^;

吹き付ける風は本当に2月なのかと思うほど、心地よいですね。
明日はさらに暖かくなるとか、うちの梅の花も満開ですし、桃の花も咲き始めました。

こりゃ、桜も近いうちに咲くでしょうね。

ゆっくりとなおかつ、筋肉を刺激しながら海まで着きました。

自転車5


いや~夕日が差しつつある海はきれいだなぁ。

しばらく座って感慨にふけります、、、、。

自転車6


こちらは「西海橋」方向です、三本の電波塔が肉眼では見えているのですが写真では判断しずらいですね。

ちなみに第2次世界大戦のニイタカヤマノボレを送信した塔です。

自転車4


こちらは「空港」&「海上自衛隊」方向です。
自衛隊のヘリが小さく見えますね。

最近、出張してないなぁ、、、。

東京、、やわらかプリン。
大阪、、、、551の豚まん
沖縄、、、、、、海ぶどう
名古屋、、、、、、、風来坊の手羽先

全部食べ物か。(^^;

自転車3


ここの浜辺で子供の頃、キス釣ってました。
泳いでもいたんですが、そのうち工場排水&生活排水でかなり汚れてしまいました。

近年、下水道の整備と近隣生活排水&工場排水が無くなったおかげでまた海がきれいになってきています。

これならまた釣りができるかも、、、。

さて、そろそろ帰るか。

MyMTBはaleocaのバイクです。
(イタリアメーカーで中国製?)

自転車1


FLMCで5年前に購入しました。
2万円しなかったと思います。

自転車2


いわゆるルック車という奴でしょう。
Wサスですがストロークはまるでありませんし、ディスクブレーキはまるで効きません。

普通の締め付けゴムリアブレーキで止まります。(^^;

でもまあダウンヒルするわけでもありませんので納得購入です。
ギアまわりのパーツはシマノですね、このあたりは安くても定番のようです。

私にとってこれはMTBではなく、健康器具なのですから。(^^;


さて、明日も頑張ろう!

プロジェクター
【2007/02/15 23:14】 AV
ふぅ~

ここ3、4日忙しくてブログ更新できませんでした。

まだまだ来月の中盤まで続きそうなんですが、、、、、。

息抜きに前回の「オーディオ」関係の続きを、

サラウンドはだいぶ前からやっているのですが、そもそもマルチチャンネル自体はそう新しい技術ではないんですね。

昔、木目調でレコードプレーヤー一体型の「家具」の一部としてステレオがその存在価値を露にしていた時代がありました。

「4チャンネル」ステレオという単に前後に4つのスピーカーを配置して前がステレオ、後もステレオ(もしくはモノラル)で再生していました、音場は広がる感じはするようですが奥行きや動きなどは感じられません、当時は多少ヒットしたようですが、すぐ廃れました。

その後、劇場映画でサラウンド再生(たしかドルビー)が始まり、そのソースがそのまま(一部かもしれません)レーザーディスクに収録されて販売されていました。
(フラッシュダンスやブレイクダンスの頃ですよ)

うろ覚えなので間違っていたらすいません。(^^;

当時ステレオ再生から映像へ興味が変わり始めていましたので、CD+レーザーディスクの再生できるパイオニアのCLD-9000を購入しました。

プロジェクター7


まだレコード全盛時だったので珍しかったですね&高価でした。
(私にとっては、、。)
でもこれ壊れまくりです、何回修理に出したことか、、、。

これ単体ではサラウンドは再生できませんのでマランツのミニコンポサイズのデコーダーを繋げてスピーカー4本(もしくは3本)で再生しました。

いまのサラウンドとは比較にもなりませんが、これでも当時は感動です!!

車の音、人の横切りなど音が前後左右(左右&斜めは弱かったかも)に動きます。

でもすぐ飽きちゃいました。
リアのスピーカーは間に合わせ手作りのボロだったのでフロントのスピーカーとつりあわないんですね。

で、年月も過ぎてようやくDVDでドルビーサラウンドが登場です。
またDTSやそれぞれのEX規格など花盛りです。

DVDプレーヤーもCD&DVD&レーザーディスク再生可能なDVL-919に買い換えました。↓


これも息の長いモデルですね。
これ、良いモデルですよ、レアなレーザーディスクが結構中古レコード店に売ってあるんですが安く購入して再生しています。

レーザーディスクの画質はビデオとDVDの中間程度です。

昔と違って現在はリアスピーカーもちゃんとしたものです。(^^;

フロントはあのYAMAHAの名器NS-1000Mです。
プロジェクター5

弟に作ってもらったステンレスのスタンドに乗っています。
良い高さで見た目もGoodです。
このスピーカーまだ今になっても鳴らしきれていないですね。

リア&リアセンターは上記の子供になるのかNS-1000MMです。
プロジェクター6

これ、、、完全見た目です。
でも2セット購入してセンター1本なので1本余ってるんですよね。
(1本売り無かったし、、。)

さて、表示媒体ですが実はシアタールームに現在何もありません。
37型のビクターのブラウン管TVで見てたんですが、寝室に移動したので現在写す物がありません。

そこで物置に眠っている三管式プロジェクターを設置しようかと思案している所です。

SONYの三管式プロジェクターです、映像関係の仕事をしていましたので(現在も一部ですが)その時入手しました。
プロジェクター1

プロジェクター2


グリーンのCRTがちょっと曇っているのですが、映像は出ます。

三管式の映像は調整次第です。
本来はこれに映像調整器をつけて調整するのですが本体にもありますのでここで追い込んでいきます。
(下の画像の他にまだ50個程の調整つまみが隠れています)

プロジェクター3

プロジェクター4


↑’89年製です、かれこれ18年前ですか、、、。
良く持ってますね。(^^;

本来は投射距離が長いので天吊りでセッティングするのですが、経年劣化で光度も落ちていますので100インチ程度で据え置きセッティングすることにします。

実際の設置はまだ先になると思いますがそれまでに分解してクリーニングしておく事とします。




スクリーン、、、、、?



とりあえず、、ホームセンターのスチロール版ですが、、、。

デジタルオーディオ
【2007/02/09 22:03】 AV
オーディオの趣味もあるんですが(^^;

丁度、オーディオブーム(あったのか?)の時にはまり、まあちょっと高めな機材を揃えました。
(クルマ買えば良かったのに、、、。)

まあ、その頃は様々なメーカーの各種ブランドで賑わってました。

でも私のステレオ熱も10代後半から20代前半まで物凄く高かったのですが、20代半ばから少し覚めてしまいました。

丁度世の中が「アナログ」から「デジタル」へ向かい始めた時期でもあったんですね。

レコードがCDに、レーザーディスクも出て音声・映像が光ディスク媒体に変化しつつありました。

でもレンタルはまだレコード全盛です、レンタルレコード屋でレコード借りてきて「カセットテープ」に録音してライブラリもかなり出来てました。
(今も膨大な量がありますが、物置の中です、、。)

最近の高校・中学生は「カセットテープ」なんて知らないんでしょうね。

さて、近年また少しずつですが手を入れ始めました。

7年前から「6.1サラウンド」を構成してましたが、その構成の中にアナログオーディオ時代の名器を組み込んで再生しています。
(サラウンドは別の機会にアップします)

その他に最近はデジタルファイルの再生を始めています。
カーオーディオでもUSB対応機種にしましたがホームオーディオでもPCを使用して「MP3」や「ネットラジオ」を再生しています。

オーディオ1


ノートPCに外部音源を接続してそこからアンプに接続しています。

PC内臓音源もいいのがあるのですが、PCはノイズだらけですので本格的にするには外部音源を用意するしかありません。

私が利用しているのがオンキョーの「SE-U33G」です。
現在は新型に変わっていて「SE-U33GX+」です。


やはり長年オーディオを手がけてきただけあって音作りは信頼できるメーカーです。

これを繋ぐと出てくる音が違います。
いつもノートで聞いているiTunesのネットラジオも音が良くなりますね。

オーディオ2


これをPCとUSBで繋いで本体からアンプへ接続します。
アンプ接続用のピンケーブルも見た感じ良い物が付属してます。

オーディオ3


また、外付けHDも接続して容量アップです。

オーディオ4


もちろん、ネット接続して「ネットラジオ」も聞けるようにします。
家はホームネットワークですので他のPCからアクセスして使用できるように「メディアサーバー」のような位置付けですね。

このPCは直接操作するのではなく、他のPCからリモートソフト(VPN)を使用してすべて操作します。

あ、この「SE-U33G」はレコードからの音源もデジタルファイル化出来ますので、CD化されていないレコードをCD化するのに本当に重宝しています。


でも、時代はもっと便利になっていくんでしょうね、、。

冬の風呂桶金魚
【2007/02/07 17:56】 毎日の出来事
我家にも昔(大昔)は「犬」や「猫」に始まり、「ウサギ」「ヤギ」「馬」もいました。

「牛」もいたかな?

最近は「金魚」と「カブトムシ」「クワガタ」です。
カブトムシやクワガタは冬眠していますので最近はとんと見かけてませんが、無事に生き延びていることでしょう。

で、金魚は水槽(一般の人は風呂釜とも言う(^^;)で泳いでいます。

金魚1


この金魚先々代が産んだ卵から育てています。
結構大きくなるものですね、我ながらビックリです。

金魚2


金魚の模様が冬のせいなのか白と赤のコントラストがハッキリして綺麗です。
夏場はこんなに綺麗では無かったと思います。

金魚3


この水槽には二世代が同居しています。
卵の時からある程度の大きさになるまでは別の水槽で育てていました。

親が卵を産むと水槽が白く濁りますのですぐわかります、卵は水草に産みつけていますので水草ごと別の水槽(壊れた洗濯機です(^^;)へ入れておくと一週間程度でボウフラのような稚魚が生まれます。

2~3センチ程度になったら別の水槽(今度はちゃんとした水槽)に移します、そこで親金魚に食べられない程度に大きく育てます。

金魚4


こんなに簡単に育てられるとは驚きです。

水換えと餌やりだけでこの大きさまで育ちます。



でも、、熱帯魚屋に聞いたら「金魚が大きくなるかならないかは飼っている水槽に比例するよ」と言われました。



、、、、人間と同じかも。

かんころ餅作り
【2007/02/06 09:44】 料理
先日の日曜日に「かんころ餅」を我家で作りました。

昔から作っているわけではないのですが、ここ2~3年は毎年作っています。

もともと「かんころ餅」は長崎県五島の郷土料理(お菓子?)です。
この時期に作ります。
以前は良く知人から本場物をいただいたりしていましたが、材料はさつま芋ともち米ですので我家にも毎年あります。
ですので自然に作るようになりました。

作り方はきわめて簡単です、が、全体の工程はなが~くかかります。

実際に「かんころ餅」そのものを作る前段階の作業があります。

サツマイモを蒸かす
 ↓
1cmくらいに切る
 ↓
天日で1週間ほど干す(この時期寒くて空気乾燥していますので最適です)
*このまんま食べても美味しいですね、よくつまんでました。(^^;

ここまでが前準備です。

では、作成に入ります。

まず、もち米を洗って(事前に水に浸けておきます)せいろで蒸します。
かんころもち1

言っちゃ何ですが、我家のせいろは年代物です。
私が生まれた頃にはすでに稼働しておりました。(先輩です(^^;)

蒸す際に干しておいたサツマイモももち米の上に乗せて一緒に蒸します。

蒸している間に味付け材料の調合です。

・切りゴマ(白、黒):これでかんころ餅の色が変わります
・落花生(すりつぶしたもの):入れると風味がまるで違います
・白砂糖
・水飴:本来はこれを使うらしいですね

上記材料を混ぜていきます。
かんころもち2

これに水飴を加えます。
殆ど業務用(一斗缶)ですので豪快に手ですくって取ります。
完全無添加「もち米飴」です。
注)グリースじゃないですよ(^^;
かんころもち3

これを混ぜ合わせます。
かんころもち4

かんころもち5

水飴は蒸したもち米の熱で直ぐに溶けます、「てかり」が砂糖とはまるで違います。

混ぜ合わせたものを「餅つき機」へ入れます。
昔一度、臼と杵でついた事がありましたが時間がかかるのと固くなるのと後の掃除が大変だったので機械になりました。
かんころもち6

すぐにこのように形になって出てきます。
この作業を2回繰り返します。
かんころもち7


ふふっ、、。
出てきて積み上がっているところが「あれ」そっくりですね(^^;

本当はリアルに巻き上げて写真取ったのですが、あまりにもリアルすぎてここにはアップ出来ませんでした。(^^;

かんころもち8


出てきたものを形を整えて並べていきます。

2~3日後には適度に固まって食べ頃です。

適度に切って食べるのですが、そのまま食べるのも美味しいですが、やはり少し焦げ目が付くくらいに焼いて食べるとさらに「旨い!」です。

最近、五島のかんころ餅業者でも「水飴」は使ってないはず、我家は完全無添加水飴製法です。


でも、結構作りすぎました、、。

直売所で売りたいけど保健所の認可とかあるし、、、ご近所なんかに配ることとします。

バッテリー交換
【2007/02/04 10:59】 Alfa Romeo&外国車
長年、大事にしてきた(^^;My156のバッテリーですが、今回のハンチング騒動でとうとう上がってしまいました。

クーペの時のバッテリーはいずれも突然死になって予測不可能だったんですが、今回は徐々に弱くなっていきました。
ディーラーへ修理に出す朝には「キュル、キュル、、、」とエンジン起動不可能でしたのでパジェロからブースターケーブル接続にて始動しました。

始動して暫く走行すると、何事も無く再始動可能です。
クーペの時なんか過去2個とも充電しても再起動は不可能でしたね。
そのバッテリーはいずれもメンテナンスフリーなのですが、上がった時には液量が遥かに不足して電極が露出していました。

My156に純正で付いていたのはこれもメンテナンスフリーのバッテリーなんですが、初回車検の頃から液量のメンテナンスをしてました。

やはり、メンテナンスフリーはちょっと考え物です。
ですので今回は価格とメンテナンスフリー以外のものを選択しました。

我家の近くにいらっしゃるMaetakaさんから教えてもらったメイクワンのバッテリーです。

オークションなんかにも出されているようですが確かに安いです。
普通にカーショップに販売されているものの半額です。

バッテリー1

バッテリー2


韓国製のバッテリーですが、2年30000km補償がちゃんと付いています。

バッテリー3

バッテリー4

バッテリー5


上記は取り付け後の様子です。

ただ車種型式にも因ると思うのですが、適合表で取り寄せると大きさが微妙に違います。

バッテリー6


My156の場合には取り寄せたバッテリー全長が3.5cm長く、現在のバッテリーの皿には乗りません。
(上記画像ではちょっとわかりにくいですが)

どうしたものかと思案してメイクワンにも問い合わせましたが外国車には適合表だけでわからない細かい仕様変更があるとのことでした。
たしかに適合表(GSバッテリー)の所に但し書きがありました。
もちろん交換も可能だということです。(運送料実費)

純正のバッテリーと今回のバッテリーでは容量が違います。
純正は60A位ですが今回は71Aですやはり容量は大きいほうがいいので(発電余力の上限もあるのですが)加工して取り付けることにしました。

といっても、皿を削って乗せるだけです。
バッテリーははみ出しますがスペースは配線(エアフローメーター配線など)などを避けると確保できましたのでパッと見は違和感ありません。

交換後は「キュルキュル」と気持ちいようにセルが回ります。

実は交換前に乗っていたのは最初からのものではなく、今回の修理入庫に伴い、完璧に衝天したのでディーラーが中古バッテリーを無償で付けてくれたものでした。(感謝!)

バッテリー7

バッテリー8


これを聞いたのが発注した後だったので残念!!
ディーラーに返すかストックすることにします。

↓ちなみに今回のハンチング修理で交換したスロットルボディ(147中古)です。
ちょっと汚れてるかな(^^;

バッテリー9

バッテリー10


ハンチング対策+α
【2007/02/04 00:38】 Alfa Romeo&外国車
ハンチングの修理を終えて、帰ってきてから2日経ちました。

100km以上走行して、コンピュータが学習したのか水温が上がれば「ピタリ」落ち着きます。

さて、いろいろあった今回のハンチングですが色々ネット上で調べているとMy156と同じセレスピードワゴンがスロットルボディの交換をしている記事がありました。

岡山のイタ車ショップで「Rosso fiore」(ロッソフィオーレ)と言う所です。

早速メールでその交換した経緯と状況などを伺った所、快く答えて頂きました。

その車両はMy156と同じ位の年式のもので現象も全く同じようです。
回答を簡単書きますと

この頃のセレスピードには147のスロットルボディが付いているものがあるそうです、その為156用の新品スロットルボディを付けても改善されないそうです。(まさに私のがそうでした)

その為、147用の新品スロットルボディーを別の147車両にて初期化させ、自己学習をさせてから現車156に装着、試運転を繰り返し、ECUとスロットルボディーの学習値を近づけて修正とのことです。

また、出始めの頃のワゴンにはいろいろなもの(156セレスピード、147セレスピード等)が装着されているようで原因究明にかなり骨が折れるそうです。

まあ、この回答を聞いてからディーラーの処置方法も偶然なのかわかりませんが147スロットルボディ(中古)です。


これを見ている方でMy156と同じような年式の「セレスピード」をお持ちの方、スロットルボディ洗浄を個人で行う場合、今回の様な事が起こることを覚悟して行ったほうが良いと思います。

また、ロッソフィオーレさんのように技術のあるお店が近くにあると安心なのですが、、、。

今回こちらのディーラーでも親身になって出来る限りの問題解決に取り組んで貰えたので満足はしております。


でも、、、、、。

今回のことがトラウマになって、同爆の繋ぎ変えしてみようと思って躊躇している私がいます、、、う~ん。

節分の恵方巻
【2007/02/03 23:58】 料理
本日は節分です。

節分と言えば、豆撒きと巻寿司(恵方巻)です。
今年の恵方巻の方角は「北北西」です、相変わらず細かい方角なので今一わかりませんが、。

最近は一般的になりましたが、昔はこの恵方巻を食べるなんて事はしていませんでした。

大阪在住時、最初の節分の時なぜか寿司屋の店先にテーブルが出てくるんですね。
さらに商品は切っていない巻寿司、何なんだろう?と思ってました。

大阪の商人が商売繁盛の祈願事として始めたのが最初らしいです。
全国的に広まったのはコンビニでの取り扱いがきっかけのようです。

さて、我家ではこの恵方巻、自宅で作ります。

節分1

節分2


まず、海苔焼いて、寿司飯乗せて(この時薄くのばすのがポイント)、具載せて、巻きます。

ただそれだけです。

節分3

注)画像は鉄火巻です(^^;

でも、まだまだ初心者なので寿司飯が厚くなってネタが少しになったりとか、ネタが海苔の所まで端に寄ったりします。

本来、スーパーや寿司屋で販売されているものは時間が経っているのでどうしても海苔の鮮度が落ちて味が落ちてしまうんですね。

それで自宅で作ります、今となっては慣れたもので簡単(形以外は(^^;)です。

最近はバリエーションが増えて標準品の他に上記「鉄火巻」「かっぱ巻」「サラダ巻」まであります。

節分4

節分5


本当は長いまま今年の方角を向いて、黙って食べきるそうなのですが、食べきれないのですでに切ってあります。

でも、いつもなんですが作りすぎました、、、。

ダイエット、、、、しているのに。



今年もいいことがたくさんありますように。

アルファロメオ159
【2007/02/02 10:18】 Alfa Romeo&外国車
My156引取りの際に丁度159セレスピードがありましたので試乗させていただきました。
(走行35kmでした(^^;)

オプションが加わっていますが正式名称は「Alfa 159 2.2 JTS Selespeed Progression」です。
オプションはフレッチャ・ドーロⅡの組合せです。

実を言うと正直、雑誌のインプレなどで良い車(優等生?)と言う評価は見ていましたので「アルファ的」な期待はしていませんでした。

まず外観の第一印象は「カッコいい!!」です。

159-1

159-2

159-3


雑誌などで写真を見てはいましたが期待はしていませんでした、が、いい意味で期待は裏切られました。

159-4

159-5


デザインには詳しくはありませんが、今回の159は156と比較するとボディが多少平面的な構成になっています。
ですので明るい色よりダーク系の色が景色が写りこんで良く似合いますね。

この黒は本当にカッコいいです。

ドアを開けて乗り込むと156とはまるで違う世界が飛び込んできます。
ドアを閉めると「タンッ!」と言う音で閉まります。
(いまやMy156は「ガチャン!」ですので)

この瞬間でアルファの本気度がわかります。

内装はオプションのタンシートですがいい雰囲気です。
また作りが格段に良くなっています、各パーツの製作精度&取付精度が上がっていて高級感があります。

159-8

159-7

159-6


さらに上のオプションではランチアやフェラーリにも使われている「ポルトローナ フラウ社」製レザーシートが付きます。

うーん、これはもう156ではなくて以前の166の車格のような気がします。(My156と比較しての話ですよ(^^;)

メルセデスやBMW、アウディの新車には乗ったことがありませんので比較は出来ませんが見た感じでは同価格帯のモデルなら遥かに159の方が良い様な気がします。

さて実際走行する前にまず、
キーをセンターパネルの差込口に入れる(差し込むではなく入れるという感じです)、スターターボタンで始動です。

ちょっとめんどくさいですね。

今回のセレスピードはシフトが変わっています。

159-9


フェラーリのマニュアルシフトのように左上が「バック」になります。
(156は日本車的な右下ですね)
バックの位置を中央位置に戻すとそこが「ニュートラル」です。

さらに右へ引いて前後でシフトアップ&ダウンします。
今回は前後が逆です。
引くとアップ、押すとダウンです。

いやー、なぜ早くこの仕様にしてくれなかったのだろう、、。

戦闘機(飛行機)などの操縦桿はこの仕様です。
昔から飛行機のゲームも好きでこれに慣れているので最初My156では苦労しました。

つい、シフトアップの時、ダウンして回転を上げてました。

マニュアルシフトの他にセレスピードはお決まりの「フルオートマチックモード」があるのですが159にはそんなボタンはありません。

その機能はマニュアルシフト位置からさらに右へ引きます。
156で言う「ニュートラル」の位置です。
そうするとインパネに「D」の表示が付きます。

ちょっと小さくてわかりにくいですが、、、。

また「スポーツモード」もあってそれはシフトゲートの下にボタンがあります、試して無いのでわかりませんが高回転を維持したり出来るのでは無いかと思います。

フェラーリのようにシフトスピードが速くなるならおもしろいんですけどね。

そういえば、低回転(低速で)でシフトアップをしていくと「ピー!」と鳴って注意してくれます。
「この速度ではそのギアじゃないんだよ!へたくそ!」と言ってくれているようです(^^;

前置き長くなりましたが、走行して感じるのは「剛性感」と「静粛性」が高くなっています。

まあ、1570kgもありますのでそのせいもあるのでしょうけど、剛性感は確かに感じます。また、エンジン音が遠くに聞こえます。

まだアタリも付いていない超新品エンジンなのでまだこれからでしょうけど、2000rpm位のトルクが大きくて走りやすいですね。

肝心のエンジン音ですが、、、確かに薄れています。

ただ防音処理でエンジン音が遮断されている所が大きいのではないかと思います。
3000rpmを超えるとちゃんとアルファエンジン音はします。
(ボリューム的には小さいですが、、、。)

159-10


最後にメーターパネルのオドメーターですがもちろんデジタル表示です、ただ数値が変わるときにアナログメーターのように変わるんですね、面白い!!

日本のメーカーならこんなことにこだわらないでしょうね、きっと。

短時間の試乗でしたので細かい分析は出来ませんでしたが、これからの新世代の「アルファロメオ」を背負っていくモデルとして十分すぎるほどの魅力はあると思います。

アルファも万人に向けて間口を広げつつ、ハートには従来の「アルファイズム」を持ち続けていると思っています。


ハンチング対策最終章
【2007/02/02 00:13】 Alfa Romeo&外国車
本日My156を引き取りに行ってきました。

久しぶりに会う我がMy156は相変わらずの「タレ目」でお迎えです。
睨まれていません(^^;

早速エンジン始動!!

おおっ!!
ハンチングしていません、、、うん?

すこ~し、ありますね、でも暫く水温が上がるのを待つと800rpm程度で安定します。

今回のハンチングは結局中古スロットルボディの交換でとりあえず収束しています、ただ中古スロットルボディ(未清掃)ですのでカーボンは付いています。
ですのでまた同じハンチングが起こる確率は高いと思います。

このあたりはディーラーも同じ認識ですので様子を見てもらって発生時には最善を尽くすと約束していただきました。
また今回費用についても無理を聞いてもらいました。(たぶん(^^;)

メーカー(アルファロメオ)からの回答のFAXも見せてもらいましたがスロットルボディ+ECU+セレスピードコンピュータすべて交換らしいです。40万円以上のコースらしいですね。

、、、、恐ろしい、、、嫁さんには言えません。

まあ、そういう経緯もあって中古で解決していただいたのですが結論としては「スロットルボディ洗浄は厳禁」ということです。

型式によると思いますが初期化が出来ないECUが一番の原因のようです。
My156のECUのバージョンは3.1で初期化は不可能なバージョンらしいです。

さて、今回外したスロットルボディを見てみると気づいた所がありました。

スロットル4

スロットル3

スロットル2

スロットル1

スロットル5

下手な図で見難いと思いますが上記の図はスロットルボディを縦割りにしたものです。

エンジン停止時が上で、アイドリング時が下です。

エンジン停止時にすでに2mm位はすでに開いています。
エンジンをかけるとアイドリング規定値に収めるためにスロットルを閉めようとモーター(レギュレーター)が動作します。

発進時にスロットルを開けると今度はモーター(レギュレーター)が反対方向に動いて動作します。

ですので今回のアイドリングが高くなった原因はこのレギュレーターのアイドリング設定値が不良になり、エンジン停止時の開度から閉めることが出来なくなったのではないかと思います。
(あくまでも想定です)

持って帰って分解しようと思ったのですがディーラーでチェックして直るようだったら直してみたいとのことでしたので預けてきました。

もし直れば、、、、次回不調の時に使えるかも(^^;

さて、前回の「My156どうしようかな」と思っていたことは撤回です!!
プライベートに仕事に活躍してもらいます。

あ!


147TIからMy156に乗り換えて気づきました。




シート、、、、へたってる。(^^;


<追伸>
ある方から今回のハンチングの原因及び解決策にかかわる情報をいただきましたので了解取れ次第アップします。




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

懐かしのNHK時計 ×
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

更新したらお知らせします ×

情報の輪(リンク) ×

マッチ売りの少女の気持? ×


ブログ内検索 ×

広告 ×

Speed不動産情報
↓携帯サイトはこちら ただいま長崎県の情報掲載中です いけす居酒屋 雑魚屋
福岡天神店
長崎思案橋店
佐世保下京店
熊本東急イン店


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる




  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。